🎥

【Flutter】responsive_frameworkを試す

2022/10/29に公開約10,800字

responsive_framework

Flutterアプリを簡単にレスポンシブ対応にしてくれるパッケージになります。
異なるスクリーンサイズにUIを自動的に適応させてくれます。

試した環境

- macOS Monterey バージョン12.6 Apple M1
- Flutter SDK バージョン 3.3.1
- Google Chrome バージョン 106.0.5249.119

パッケージ導入

pubspec.yaml
dependencies:
  responsive_framework: ^0.2.0

pubspec.yaml に上記を追加し、flutter pub get を実施
または、flutter pub add responsive_framework を実施します。

AutoScale

AutoScaleは、レイアウトをプロポーショナルに縮小・拡大し、UIの外観を正確に保持します。

Flutterはデフォルトで拡大・縮小した場合UIをリサイズする挙動になっています。
例えば AppBar の幅は double.infinity なので、スクリーンがどれだけ大きくなっても、利用可能な幅を満たすように引き伸ばされます。
また子供のImageウィジェットの幅を 1080 と指定していても、親の要素が 1080 よりも小さい場合、Imageウィジェットは縮小されます。※ 詳細はこちら

こちらをデフォルトでAutoScaleになるように修正してみます。

import 'package:responsive_framework/responsive_framework.dart';

void main() {
  runApp(const MyApp());
}

class MyApp extends StatelessWidget {
  const MyApp({super.key});

  
  Widget build(BuildContext context) {
    return MaterialApp(
      title: 'Flutter Demo',
      theme: ThemeData(
        primarySwatch: Colors.blue,
      ),
      builder: (context, child) =>
            ResponsiveWrapper.builder(child, defaultScale: true), // ←追加
      home: const ResponsivePage(),
    );
  }
}

こうする事で↓の様に拡大・縮小にあわせてそのままのレイアウトで拡大・縮小しているのが分かるかと思います。

検証用のページはこちら
import 'package:flutter/material.dart';

class MenuBar extends StatelessWidget {
  const MenuBar({Key? key}) : super(key: key);

  
  Widget build(BuildContext context) {
    return Column(
      mainAxisSize: MainAxisSize.min,
      children: <Widget>[
        Container(
          margin: const EdgeInsets.symmetric(vertical: 30),
          child: Row(
            children: <Widget>[
              InkWell(
                onTap: () {},
                child: const Text("HEADER",
                    style: TextStyle(
                        color: Colors.black,
                        fontSize: 30,
                        letterSpacing: 3,
                        fontWeight: FontWeight.w500)),
              ),
              Flexible(
                child: Container(
                  alignment: Alignment.centerRight,
                  child: Wrap(
                    children: <Widget>[
                      TextButton(
                        onPressed: () {},
                        child: const Text(
                          "HOME",
                        ),
                      ),
                      TextButton(
                        onPressed: () {},
                        child: const Text(
                          "DOCS",
                        ),
                      ),
                      TextButton(
                        onPressed: () {},
                        child: const Text(
                          "BLOG",
                        ),
                      ),
                      TextButton(
                        onPressed: () {},
                        child: const Text(
                          "ABOUT",
                        ),
                      ),
                      TextButton(
                        onPressed: () {},
                        child: const Text(
                          "CONTACT",
                        ),
                      ),
                    ],
                  ),
                ),
              ),
            ],
          ),
        ),
        Container(
            height: 1,
            margin: const EdgeInsets.only(bottom: 30),
            color: const Color(0xFFEEEEEE)),
      ],
    );
  }
}

class ResponsivePage extends StatelessWidget {
  const ResponsivePage({Key? key}) : super(key: key);

  
  Widget build(BuildContext context) {
    return Scaffold(
      appBar: AppBar(title: const Text('ResponsivePage')),
      body: SingleChildScrollView(
        child: Container(
          margin: const EdgeInsets.symmetric(horizontal: 32),
          child: Column(
            children: <Widget>[
              const MenuBar(),
              Image.network('https://picsum.photos/1080/667')
            ],
          ),
        ),
      ),
    );
  }
}

Breakpoints

ブレイクポイントは、異なるスクリーンサイズでのレスポンシブな動作を制御します。

サイズ毎に ResizeAutoScale かを選択できます。
試しに以下の設定で動作させてみます。

class MyApp extends StatelessWidget {
  const MyApp({super.key});

  
  Widget build(BuildContext context) {
    return MaterialApp.router(
      title: 'Flutter Demo',
      theme: ThemeData(
        primarySwatch: Colors.blue,
      ),
      builder: (context, child) => ResponsiveWrapper.builder(
        child,
        maxWidth: 1100, // ← 追加
        minWidth: 480, // ← 追加
        breakpoints: [ // ← 追加
          const ResponsiveBreakpoint.resize(480, name: MOBILE),
          const ResponsiveBreakpoint.autoScale(800, name: TABLET),
          const ResponsiveBreakpoint.resize(1000, name: DESKTOP),
        ],
      ),
      home: const ResponsivePage(),
    );
  }
}

↑の例だと

  • 480 以下は Resize (※ defaultScale: true が設定されていれば AutoScale )
  • 480 - 800 までは Resize
  • 800 - 1000 までは AutoScale
  • 1000以上は Resize
    • ただ、maxWidthが1100になっているのでそれ以上は描画されない

の様な動きになります。↓実際の挙動がこちらになります。

AutoScale の使いどころとして MOBILEDESKTOP の間 (=TABLET) やより大きい画面の時にスケールさせると望ましい表示になるらしいです。
MOBILEDESKTOP の名前は responsive_framework 内で定義されているもので、カスタム名を設定する事もできます。

ResponsiveRowColumn

responsive_framework ではレスポンシブ用のウィジェットがいくつか用意されています。
ResponsiveRowColumn では名前の通りサイズに応じて Row / Column を切り替えてくれるウィジェットになります。

試しに以下を実装してみます。

class ResponsivePage extends StatelessWidget {
  const ResponsivePage({Key? key}) : super(key: key);

  
  Widget build(BuildContext context) {
    return Scaffold(
      appBar: AppBar(title: const Text('ResponsivePage')),
      body: SingleChildScrollView(
        child: Container(
          margin: const EdgeInsets.symmetric(horizontal: 32),
          child: Column(
            children: <Widget>[
              const MenuBar(),
              Image.network('https://picsum.photos/600/300'),
              DefaultTextStyle(
                style: const TextStyle(
                    color: Colors.black,
                    fontSize: 25,
                    letterSpacing: 3,
                    fontWeight: FontWeight.w500),
                child: ResponsiveRowColumn(
                  rowMainAxisAlignment: MainAxisAlignment.center,
                  rowPadding: const EdgeInsets.all(30),
                  columnPadding: const EdgeInsets.all(30),
                  layout: ResponsiveWrapper.of(context).isSmallerThan(DESKTOP)
                      ? ResponsiveRowColumnType.COLUMN
                      : ResponsiveRowColumnType.ROW,
                  children: const [
                    ResponsiveRowColumnItem(
                      rowFlex: 1,
                      child: Text('WORK1'),
                    ),
                    ResponsiveRowColumnItem(
                      rowFlex: 1,
                      child: Text('WORK2'),
                    ),
                    ResponsiveRowColumnItem(
                      rowFlex: 1,
                      child: Text('WORK3'),
                    ),
                  ],
                ),
              ),
            ],
          ),
        ),
      ),
    );
  }
}

WORK1, WORK2, WORK3 のレイアウトを、DESKTOP よりも小さい場合は COLUMN レイアウトで、大きい場合は ROW レイアウトで表示するように設定しています。
※ ちなみに言わずもがなだとは思いますが、 rowXXXX となっているのは ROW の時の設定、columnXXXXCOLUMN の時の設定になります。
↓実際に動作させてみるとレイアウトが変化しているのが分かるかと思います。

ResponsiveGridView

ResponsiveGridView はグリッドアイテム間の幅などを考慮してサイズに応じていい感じにグリッド表示してくれるウィジェットになります。

              Container(
                color: Colors.lime,
                child: ResponsiveGridView.builder(
                  itemCount: _items.length,
                  padding: const EdgeInsets.all(8.0),
                  shrinkWrap: true,
                  gridDelegate: const ResponsiveGridDelegate(
                      crossAxisSpacing: 50,
                      mainAxisSpacing: 50,
                      minCrossAxisExtent: 150),
                  itemBuilder: (BuildContext context, int index) =>
                      Container(color: Colors.grey),
                ),
              ),

上記実装を追加し、実際に動作させると以下の様になります。
ResponsiveBreakpoint での切り替えは一旦なしでデフォルトの Resize の動作になります

↑の場合スクロールするViewの最大高が未設定なので、shrinkWraptrue に設定しておく必要があります。

高さ固定の場合

maxのheightが決まっている場合 ScrollViewの shrinkWrap プロパティと同様に false に設定する必要があります。

              Container(
                width: double.infinity,
                height: 500,
                color: Colors.lime,
                child: ResponsiveGridView.builder(
                  itemCount: _items.length,
                  padding: const EdgeInsets.all(8.0),
                  shrinkWrap: false,
                  gridDelegate: const ResponsiveGridDelegate(
                      crossAxisSpacing: 50,
                      mainAxisSpacing: 50,
                      minCrossAxisExtent: 150),
                  itemBuilder: (BuildContext context, int index) =>
                      Container(color: Colors.grey),
                ),
              ),

↑の場合、高さ 500 固定で shrinkWrapfalse に設定しています。

ResponsiveValue

ResponsiveValue はサイズに応じて値を切り替える事ができます。
試しにサイズ毎に異なるフォントサイズを設定してみたいと思います。
先ほど ResponsiveRowColumn での DefaultTextStyle を使って設定してみます。

              DefaultTextStyle(
                style: TextStyle(
                    color: Colors.black,
                    fontSize: ResponsiveValue( // ← 追加
                      context,
                      defaultValue: 25.0,
                      valueWhen: const [
                        Condition.smallerThan(name: MOBILE, value: 10.0),
                        Condition.largerThan(name: TABLET, value: 40.0)
                      ],
                    ).value,
                    letterSpacing: 3,
                    fontWeight: FontWeight.w500),

Condition.smallerThan(name: MOBILE, value: 10.0)MOBILE より小さい場合はフォントサイズが 10.0 になる様に、 Condition.largerThan(name: TABLET, value: 40.0)TABLET より大きい場合はフォントサイズが 40.0 になるよに設定しています。

Discussion

ログインするとコメントできます