💬

[AWS]S3を使用した静的Webサイトホスティング④

1 min read

ACMを使用したSSL証明書の発行を行っていきます。

ACMから証明書のプロビジョニングを始めます。

パブリック証明書のリクエストを選択して証明書のリクエストを行います。

SSL証明書により保護したいサイトのドメイン(先ほど購入したドメイン)を入力していきます。

次に検証方法を選択します。今回はDNSでの検証です。

任意の値でタグを追加し(しなくても良い)、確認画面へ遷移します。

確認が終了したら「確定とリクエスト」を押して証明書のリクエストを作成した状態になります。

そこからRoute53で検証用のレコードを作成します。

検証用のレコードが30分程度で作成され、そのレコードを使用してSSL/TSL証明書が発行されます。

以上でドメインのSSL証明書の発行が終了しました。

Discussion

ログインするとコメントできます