🎃

githubでfatal: Authentication failedが出て急にpush,pullできなくなった

1 min read

GitHubのプライベートリポジトリのpush/pullで突然ユーザ名パスワードが要求されるようになった時の対応

を参考に。

急にgithub に push, pullができなくなった。

$ git push origin HEAD                                            Username for 'https://github.com': shuzon
Password for 'https://shuzon@github.com':
remote: Invalid username or password.
fatal: Authentication failed for 'https://github.com/ShuzoN/cent-ec2.git/'

パスワードを入れても同じものが出る。

結論, private access tokenを作り直すといい。
少し癖があるのはパスワードを入力するのではなく、トークンを入力すること

新しいtokenを生成して

https://github.com/settings/tokens
$ git push origin HEAD                                            Username for 'https://github.com': shuzon
Password for 'https://shuzon@github.com': (<- ここにtoken)

それだけ。


もちろん ssh keyは登録しているし、通信プロトコルはgit。

$ git remote -v                                        
origin  https://github.com/ShuzoN/cent-ec2.git (fetch)
origin  https://github.com/ShuzoN/cent-ec2.git (push)

authは通るんか?と思い実行

$ ssh -T git@github.com
Enter passphrase for key '/Users/s-nakamura/.ssh/id_rsa':
Hi ShuzoN! You've successfully authenticated, but GitHub does not provide shell access.

httpsをgitプロトコルに変換してることを確認

$ git config --list 
url.https://.insteadof=git://

あれ? gitプロトコルじゃないな、と思い変えてみたが意味がない。

$ git remote set-url origin git@github.com:ShuzoN/cent-ec2.git

$ git remote -v                                        
origin  https://github.com/ShuzoN/cent-ec2.git (fetch)
origin  https://github.com/ShuzoN/cent-ec2.git (push)

ということで最初にやった対応をやって完了

Discussion

ログインするとコメントできます