📱

SORACOM Arcをスマートフォンで試してみた

commits3 min read

これは

SORACOM Arcをスマートフォンでも動かしてみたという記事になります。

なお、今回の手順ではWireGuardの設定情報はPCで作ってコピーしていますので、Windowsで作成する場合は私のこちらの記事を、Macの場合はSORACOM UG運営の和田さんの記事を参照してください。

設定ファイルを作る

PCで作ったWireGuardの設定(以下のような感じ)をsoracom-arc.confという名前のテキストファイルで保存します。拡張子が.confである必要があるのでご注意ください。

[Interface]
PrivateKey = xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
Address = xxx.xxx.xxx.xxx/32

[Peer]
PublicKey = xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
AllowedIPs = 100.127.0.0/16
Endpoint = xxxx.arc.soracom.io:11010

ファイルをスマホに送り込む

このファイルをスマートフォンに送り込みます。機密情報なので、パブリックなWEBサーバに置いてダウンロードとかは避けた方がいいと思います。

今回私は、google driveを使いました。このファイルをgoogle driveに保存し、スマートフォンにgoogle driveアプリを入れて参照できるようにしておきます。

なお、私が試した環境ではgoogle driveからスマートフォンへダウンロードは不要でしたが、必要に応じてローカルストレージにコピーしてください。

Androidで繋いでみる

Oppo RenoA + ColorOS9で実施していますが、他の端末やOSバージョンでも手順は同様かと思われます。

WireGuardのinstallationページからリンクを辿るか、PlayストアからWireGuardをダウンロードします。

起動し、青い+マークボタンを押してトンネルを追加します。以下のような画面が出るので「ファイル、アーカイブからインポート」を選びます。

そうすると、google driveアプリが入っていれば参照先に出てくるので、先ほどのsoracom-arc.confを選びます。

ファイルを選ぶとトンネルが追加されるので、スライダーを右に動かしてONにします。初回はこの時にトンネルを作る権限の警告が出ると思いますが、許可してください。

pingを打てる適当なソフトを使ってpong.soracom.ioにpingを打ってみます。

無事に接続できました。

iPhoneで繋いでみる

iPhoneX + iOS 14.6で試していますが、他の端末やOSバージョンでも手順は同様かと思われます。

WireGuardのinstallationページからリンクを辿るか、App StoreからWireGuardをダウンロードします。

起動し、右上の青い+または中央の「トンネルの追加」を押してトンネルを追加します。以下のような画面が出るので「ファイル、アーカイブから作成」を選びます。

そうすると、google driveアプリが入っていれば参照先に出てくるので、先ほどのsoracom-arc.confを選びます。

ファイルを選ぶとトンネルが追加されるので、スライダーを右に動かしてONにします。初回はこの時にVPNの構成を追加する作る権限の警告が出ると思いますが、許可してください。

pingを打てる適当なソフトを使ってpong.soracom.ioにpingを打ってみます。

無事接続できました。

(2021年6月25日追記)QRコードで追加する場合

confファイルの中身をそのままQRコードにして、トンネル作成で「QRコードをスキャン」から読み込むだけでもできました。

私はQRのススメで試してうまくいきました。

(2021年7月17日追記)

SORACOMコンソールから仮想SIMを追加すると、接続情報と一緒にQRコードも表示されるようになりました。こちらを読み込むことでさらに簡単に設定することができます。

まとめ

スマートフォンからもSORACOM Arcを使って簡単にSORACOMプラットフォームに接続できました。

スマートフォンで接続する場合、トンネルの設定は入力項目が多く、公開鍵など長い情報もあるので、PCなどでconfファイルを作成して読み込むのがお手軽でいいかなと思いました。

GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます