Bitriseで.envをbase64にして使う

1 min read読了の目安(約800字

Bitriseのsecretで環境変数を管理することは可能であるが、必要となる環境変数が多い場合では管理が面倒になる。

なので、.envをbase64にしてsecretで管理するようにする。

base64エンコードしてBitriseに追加

変換は以下のようにやる(このあとBitriseにペーストするので、pbcopyでクリップボードにコピーしておく)

$ base64 .env | pbcopy

base64に変換された.envをBitriseのsecretに追加する。(今回は ENV_FILEとして追加)

Bitriseのsecretにペースト

base64デコードしてプロジェクトに設置

base64のままでは使用できないので、ビルドが実行される前にデコードしてプロジェクトルートに .envファイルを配置しましょう。

base64デコードして、.envを配置するにはScriptステップを使用します。

BitriseのScriptステップ

ScriptステップのScript contentを以下のようにします。

#!/usr/bin/env bash

echo $ENV_FILE | base64 -d > .env

$ENV_FILE は先程Bitriseに追加したsecretです。
これをbase64からデコードして、プロジェクトのルートに.envとして配置しています。


以上、Bitriseでもbase64にした.envを使う方法でした。