Vortex Core 47キー 40%サイズ Cherry MX 青軸

公開:2020/09/29
更新:2020/09/29
2 min読了の目安(約1600字TECH技術記事

47キー 40%サイズ。yodobashi.com で購入 (13,800円でポイント10%還元)

青軸のキーボードが欲しかったことと、40%サイズに挑戦したかったことが購入動機。
HHKBより上下左右一段少ない。
記号系の入力は Fn (矢印キー, HOME, VolUpなど)、 Fn1 (数字, スクエアブランケット、スラッシュなど)、 Fn1+Shift (その他記号@$%などSHIFTキーを使うキー)とメタキーを使用する。
プログラミング用途だとツラいので文章書きの目的で主に使用する予定だが、 日本語の場合はカッコやハイフン、英語の場合だとエクスクラメーションやクエスチョンなどでメタキーを押す必要があり、探してしまう。Fn1+Shift 系の3キー同時押しはちょっとツラい。Ctrl+?なショートカットが4キー同時押しになってツラい。

なぜかスペースキーが並んで2つある。スイッチの取り付け的な要因か?

他の特徴としてはフレームレスデザインなので、隙間からスイッチを覗いてニヤニヤすることができる。

キートップは昇華印字でかつ47キーのために3つのレイヤーも印字されているために赤、緑、黒がベージュを背景に印字されていて美しい。

マクロが3つ設定できるらしい(未使用)。

メーカーのキーマップ変更ツールがあるが、
http://www.vortexgear.tw/mpc/index.html
OSSの同様のツールのほうが評判がよいようだ。
https://tsfreddie.github.io/much-programming-core/

反映用は .cys という拡張子を持つバイナリファイルだが、以下のように json 形式でも保存でき、アップロードすることで再利用できる。

{
  "macro": [],
  "keyChange": [
    {
      "profileIndex": "1",
      "sourceKey": "2B",
      "sourceLayer": "INIT",
      "targetKey": "E0",
      "targetLayer": "INIT"
    },
    {
      "profileIndex": "1",
      "sourceKey": "E0",
      "sourceLayer": "INIT",
      "targetKey": "2B",
      "targetLayer": "INIT"
    }
  ],
  "functionSet": []
}

ファームウェアのアップデートは Windows からのみ。キーマップの変更も Windows からのみ。
そもそも対応OS に Windows 7-10 と書いてある。Mac とは書いていないものの、まぁなんとか使用できる。

ロゴとして 「核心」という文字が横になったものがある。COREという意味らしい。背面と化粧箱にある。化粧箱は高級感のあるものだった。

Vortexgearは台湾の会社。
CORE |www.vortexgear.tw

サイトの画像が重い。。。フレームレスデザインのキーボードは他にいくつかラインナップがあるようだ。