🌟

Windowsの開発環境を整える

2022/02/07に公開約2,000字

はじめに

普段はMacをメインで使っている私がWindowsで開発環境を整えるのにやったことを纏めていきます。
基本的にはWSL上のUbuntuで開発していくことを想定しています。

Windowsのバージョン

PowerToys

WindowsのTweakソフトセット。PowerToys Runというランチャがお気に入り。
Keyboard Managerを使ってCapsLockをCtrlに変換するなどのキーの再マップも行えます。

https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows/powertoys/

Windows Terminal

Windows側のインストール作業も極力CLIでやっていくので最初にWindows Terminalをインストールします。(コマンドプロンプではしんどい)

https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows/terminal/

winget

Windowsのパッケージマネージャー。

https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows/package-manager/

PowerShell

デフォルトではWindows PowerShell(v5)という古いPowerShellがインストールされている。
ここでは、マルチプラットフォーム対応された新しいPowerShell(v7)をインストールします。

PowerShell
winget install --id Microsoft.PowerShell --source winget

WSL2

Ubuntuを入れていきます。

PowerShell (管理者権限)
wsl --install

Git

PowerShell
winget install --id Git.Git
$env:PATH += ';C:\Program Files\Git\bin'

Git Credential Manager

GitHubへの認証情報を何度も入力しなくて済むようにしてくれるソフト。
WSLに直接インストールしてもいいと思うが、ここではWindowsとWSLで共有する設定にしている。

  1. Windows側にGitHub CLIをインストール
PowerShell
winget install --id GitHub.cli
  1. GitHubにログイン
powershell
$env:PATH += ';C:\Program Files\GitHub CLI'
gh auth login
  1. Git Credential Managerをインストール
powershell
winget install --id Microsoft.GitCredentialManagerCore
  1. WSL側でcredential.helperを設定
ubuntu
git config --global credential.helper "/mnt/c/Program\ Files/Git/mingw64/libexec/git-core/git-credential-wincred.exe"
git config --global credential.https://dev.azure.com.useHttpPath true # オプション (Azure DevOps使う人向け)

Docker Desktop

WSL2 based engineエンジンを使う

https://docs.microsoft.com/en-us/windows/wsl/tutorials/wsl-containers#install-docker-desktop

全体的なリソースの設定は.wslconfigで行う

%UserProfile%\.wslconfig
[wsl2]
memory=8GB
processors=2

Virutal Desktop Manager

タスクバーに仮想デスクトップ番号を表示してくれたり、デフォルトとは別のショットカットキーが割り当てられて便利。

https://github.com/m0ngr31/VirtualDesktopManager

Discussion

ログインするとコメントできます