📝

キャリアチェンジとプログラミングスクール

2 min read

TwitterでTL流れてくるプログラミングスクールについて
少しばかり思っていることを書き散らしていきたいと思います。
ちなみに、あくまで何の統計もとっていない私のカンソウブンです。

Twitterで見かけたつぶやき

https://twitter.com/tetsudo_yameru/status/1345237469453664256

これ以外にもプログラミングスクールと検索したらちらほら
似たようなつぶやきがあります。
その他、知人がキャリアチェンジをして1年間転職したが
SESに落ち着いたという話も聞きました。

プログラマーという生きづらさ

私もIT業界に勤めており、いわゆるエンジニアというカテゴリで
働いております。
会社外にもエンジニアの知り合いがおり、さまざまな人間を見てきたつもりです。
その中で思うことは

プログラマーで生きていくことは難しい

と感じております。

というのは、私自身プログラムが好きで、プログラマーとして生きていきたいのですが
Saas系や外資系でプログラマーとして生きていくためには
要件通りに実装していくだけが仕事ではないです。
私のイメージとしてプログラマーとはPOCや新規プロダクトの実装を担う人材です。
その際求められるのは
最新の技術を選定できる能力があるのか
新規ビジネスの未来を想像し、それに沿った実装ができるのか
といったところでしょうか。
この時に、最新の技術を確認できているのか、実装能力はあるのか
となるわけです。もちろん最新の技術は多数あり、最終的に自分の主義や趣味が落としどころにはなるわけですが、そこでもステークホルダーに説得性を求められます。

キャリアアップではないキャリアチェンジである

前述で記載したつぶやきだったり、Youtubeで流れてくる
プログラミングスクールの広告はなぜかキャリアップという
イメージを思ってしまいます。
しかし、正しくはキャリアチェンジです。
例えば年収500万の人間が全く関係のない業界に多少その業界の知識を持ってたとしても
同じ年収は難しいと思います。少なからず私はそう思います。
言ってしまえば0からのスタートです。

キャリアチェンジをしてからキャリアアップを考える

0からのスタートにはなってしまいますが
それでもキャリアアップの道が閉ざされたわけではないです。
他業種からエンジニアへの転職を考えられている多くは
SESへの転職を毛嫌いし、Saas系企業への転職を希望し、転職活動を
長くしている方が多くいるイメージがあります。
もちろんSaas系企業に転職できればよいですが
もともとエンジニアがやっていた方たちも目指しているということもあり
多くのライバルが存在します。
その環境下で長くエンジニアへの転職活動をするということは
下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるという前提でやっているようなものです。
とすれば、たとえSESでも入社できるならそこで経験を積み
キャリアアップを考えていくというが長いエンジニア人生があるならば
得策だと私は考えます。

プログラミングスクールという選択肢

私の考えとしてはエンジニアへのキャリアチェンジを考えたときに
プログラミングスクールに通うという選択肢が悪いとは思いません。
エンジニアで求められるスキルの大前提であるプログラミングを学ぶことができ
最近のスクールは就業先も紹介してもらえるみたいです。
つまり土台を学べてスタートラインにも立てるということで最低限のメリットは
あるかと思います。
ただし、プログラミングスクールは教育機関ではなくビジネスでやっているという認識は
持たなくてはなりません。
何が言いたいかというと、エンジニア業界で求められているスキルが習得できるとは限らないということです。
ビジネスでやる以上、受講生が続けやすいプログラミング言語や習得しやすい実装方法が優先事項になります。つまりスクールに通ったとしても、すなわち社会で求められるエンジニアになれるわけではないです。ただスクールを卒業したという事実だけです。

長期的にキャリアを考えてみる

プログラミングスクールに大枚はたいてSES
というのはいささか厳しい現実かもしれません
プログラミングスクールがビジネスである以上、これが現実かもしれません。
しかし、SESに入ったとしてもキャリアアップの道が閉ざされたわけではないです。
どこの業界もそうですが、学びというものにゴールは存在しません。
それこそ前述したとおりキャリアチェンジでプログラマーを目指すのであれば
ずっと情報収集という名の勉強です。
プログラマーでなくてもそれなりプロマネやコンサルをしていきたいであってもプログラムという知識は必要です。
※プログラムの知識がないプロマネやコンサルはいますが、、、
なのでエンジニア転職を目指すのであればプログラミングスクールは一つの道です。
ただし、それだけでは決して年収も就業環境も変わるわけではないです。
0からのスタートということをしっかり認識し、スタート地点に立てたからこそ自分のキャリアを考えそのためにどうするかということが大事なのではと思う今日この頃です。

Discussion

ログインするとコメントできます