📺

[逆引きSalesforce] オブジェクト内の選択リスト項目をVisualforceで利用するには

2022/02/17に公開約2,000字

カスタムコントローラで実装すべきコト

選択リスト(Picklist)の内容を取得し、それを返却するVisualforce用のカスタムコントローラをApexクラスで準備します。

各オブジェクト内に定義される選択リスト項目は、getDescribe().getPicklistValues()によって、List<Schema.PicklistEntry>型で取得可能です。

特定の選択リストを取得し、List<SelectOption>型に突っ込んで return するカスタムコントローラを作成します。

SampleSelectOption.apxc
public class SampleSelectOption {
    
    public List<SelectOption> getSources() {
        // Picklist を取得 (例: 取引先オブジェクト内の 'AccountSource' 項目)
        List<Schema.PicklistEntry> sourceOptions = Account.AccountSource.getDescribe().getPicklistValues();

        List<SelectOption> options = new List<SelectOption>();

        // 取得した Picklist を一つずつ List<SelectOption> に追加して返却する
        for(Schema.PicklistEntry source: sourceOptions) {
            options.add(new SelectOption(source.getValue(), source.getLabel()));
        }
        return options;
    }
}

Visualforce側で利用できるタグ

次に Visualforce 側において、<apex:selectOptions>value= で、カスタムコントローラのメソッドを定義します。利用可能なタグは、次の通り <apex:selectCheckboxes>, <apex:selectList>, <apex:selectRadio> の 3通りです。

コントローラ内の暗黙のget,setが未だに慣れない。

sampleSelectOptionPage.vfp
<apex:page controller="SampleSelectOption">
    <apex:form>
        <apex:selectCheckboxes>
            <apex:selectOptions value="{!Sources}" />
        </apex:selectCheckboxes>

        <apex:selectList size="1" multiselect="false">
            <apex:selectOptions value="{!Sources}" />
        </apex:selectList>

        <apex:selectRadio>
            <apex:selectOptions value="{!Sources}" />
        </apex:selectRadio>
    </apex:form>
</apex:page>

なんの修飾もしてないので、しらふの画面ですが、こんな感じになります。

参考

Discussion

ログインするとコメントできます