Chapter 20

10日目::マザーボード10日目「CPU&冷却ファン」(9月4日公開予定)

shiozumi
shiozumi
2021.08.19に更新

CPU&冷却ファンの取り付け!

前回に続いて、肝心要のCPUについて解説していきます。おそらく誰もが、CPUを取り付ける瞬間が一番緊張すると思います。また、冷却ファンの取り付け方も製品による違いもあり、やや難解な部分も少なくないですからね~ ('◇')ゞ

とはとはいうものの、、、CPUや冷却ファンクーラーを選ぶ方が、やっぱり難しいと思いますし、買ってしまったら、あとは慎重に取り付けるのみ、トラブルが起こらないことを願って!(笑)

そんな、なんだかんだですが、心配な方は、会社にある古いPCでお試しください! 廃棄する前のPCは、定期的に出てきま~~~す!

早速、CPUを取り外しました~!(笑)

CPUを取り外すと、LGA775のソケットが丸見えになりましたね~ マザボには、しっかり印字もされていますね。「LGA775 CPU1」と書かれています。

CPUの表側(E3400の文字が薄っすらと認識!)

2.60GHZ/1M/800/86 の文字もなんとなく分かりますか?

パフォーマンス仕様 説明
コアの数 2
スレッド数 2
プロセッサー ベース動作周波数 2.60 GHz
キャッシュ 1 MB Intel® Smart Cache
バススピード[1] 800 MHz
TDP [2] 65 W
VID 電圧範囲 0.8500V-1.3625V

スペック詳細は、こちらですね!

https://ark.intel.com/content/www/jp/ja/ark/products/42772/intel-celeron-processor-e3400-1m-cache-2-60-ghz-800-mhz-fsb.html

CPUの裏側

LGAタイプなので、とげとげした足、ピンはありませんね!

横からみると、真っ平ですね。

PGAタイプは、以下のように、足が出ています!

Pin grid array(ピン グリッド アレイ、PGA)

WikiPediaも軽くどうぞ!

https://ja.wikipedia.org/wiki/Pin_grid_array

CPUファンクーラー(Intel純正)

取り外した直後は真っ黒でしたけど、綿棒で掃除をしたら少しは綺麗になりましたよ~ ファンの電源ケーブルコネクターは、マザーボードに取り付けたら、忘れずに差してくださいね。尚、線が短いので、ソケットに近くなるような向きに、ファンを取り付けましょう! と自分で言いつつも、動画説明の中では、失敗していましたね~ (;^_^A

動画解説1(CPU&ファン取り付け!)

https://youtu.be/fwVfHR4Q3_s

上手に説明できていませんけど、なんとか取り付け方のイメージは理解できたと思います。又、オーバークロックの説明も、簡単に補足していますので、よろしければどうぞ!

取り付け方は、マニュアルにも記載されています!

前回、マニュアルのPDFファイルをダウンロードしたかたは、是非、そちらのファイルでも、確認してみましょう! 読むことに慣れてくださ~い!

CPUファンのコードは短いので、向きに気を付けて!

実際のBIOS画面で確認しますね!

  1. CPUの型番、E3400(Celeron)
  2. 動作周波数 2.6Ghz
  3. FSB 800MHz (Front Side Bus)
  4. L2 cache 1M (1024K bytes)

CPUオーバークロックもさくっと!(笑)

200×13=2.6 GHz

240×13=3.12 GHz (20%処理up)

私も情報不足なのでなんとも言えませんけど、いま時のCPUは、オーバークロックさせて使う人がいるのか分かりません。ただ、その当時は、かなり流行っていましたね~ (;^_^A

じみ~~ですが、Fanの回転数も!

CPUがフル稼働すると熱を発っし、その熱が伝導し、PC全体が熱くなってきます。CPUファンの冷却性能が低いと、次第に温度が上昇していき、CPUの動作も不安定になり、最後は熱暴走しますので、常に温度は気にするようにして置きましょう。単純な話、部屋の温度が高くなると、勿論、それも影響しますので・・・(^▽^;) 悪しからず。ちなみにCPUだけでなく、電源、マザーボード、グラフィックスカードも熱くなりますよ~ あと、たま~にですが、ファンのベアリングが壊れて、ファンの回転が止まってしまうこともあります。

ファンの直径は、大きい方が回転数も少なくて、よく冷えます。勿論、より静かです。

プチまとめ!

さあ~て、ここで少しまとめと振り返りをしてみます。直近、かなりスピードUPして進めてしまった感じもありますけど、みなさんは理解できていますか? ブログでも少し書きましたけど、実際に購入することに迫られている方は、BTO編の方も参考にしてくださいね。こちらの講座は、ある意味では、終着駅がないんですね。山手線のようにグルグル回りながら質を高めて行こうと思います。((((@д@_)))))・・・コンナカンジデス!

尚、今のCPUのテクノロジーの技術は、すさまじいものがあります。以下、Intelのサイトをちらっと見ても、分からないことが、たくさんありますからね~ ま、私の学習不足もありますが、、、(;^_^A あ、、、でもですね。別に気にしていません。もしも必要になったら、その時に学習すれば、それで良いんですよ~ 無理して全てを覚えても、実際に活用できなければ、それはそれで・・・。

インテル® Core™ i9-11900 プロセッサー

https://ark.intel.com/content/www/jp/ja/ark/products/212252/intel-core-i911900-processor-16m-cache-up-to-5-20-ghz.html

こちらのページをご覧になって、どのぐらいまで、みなさんはテキストを理解できそうですか?

脚注
  1. Thermal Design Power の略であり、日本語に訳すと熱設計電力 ↩︎

  2. FSB(Front Size Bus)ですね。 ↩︎