🏹

Gitコマンド入門::さまざまなツール(Git Log)第八十四回

2021/04/27に公開約2,400字

みなさんこんにちは! 前回からすこし時間が空いてしまいましたが、みなさんの学習は、進んでいましたか? 私の方は、ちょっと証明書関連のタスクが割り込みで入ってしまい、GnuePGや、OpenSSL関連で、バタバタしてしまいました。(^▽^;) 今回は、Grepに続いて、Logを試していきますね。普段からいつもつかっている、git log ですけど、こちらも、オプションを追加すると、いろいろ出来で便利そうですね。

前回の記事はこちらから!

https://zenn.dev/shiozumi/articles/ad3f3f50393e11

今日の学習も、引き続き、こちら!

https://git-scm.com/book/ja/v2/Git-のさまざまなツール-検索
7.5 Git のさまざまなツール - 検索 の下にある、Git ログの検索

git本家本元の情報はこちらから!

https://git-scm.com/book/ja/v2

それでは、いつもの環境づくりから!

$ mkdir func0083 && cd $_

$ git init
Initialized empty Git repository in /home/shiozumi/mygit/func0083/.git/

$ echo func0083 > README.md

$ git add README.md

$ git commit -m "1st"
[master (root-commit) 0846578] 1st
 1 file changed, 1 insertion(+)
 create mode 100644 README.md

$ git log
commit 084657801a8745fe4f4db86529b0b27ebb5536fa (HEAD -> master)
Author: Makoto Shiozumi <shiozumi@esmile-hd.jp>
Date:   Tue Apr 27 12:31:47 2021 +0900

    1st

git log -S オプション!

$ git log -S func0083 --oneline
0846578 (HEAD -> master) 1st
// func0083 の文字が追加された、コミット時のハッシュ値が表示されます。

// grep でコミットを指定して実行
$ git grep func0083 0846578
README.md:func0083
0846578:README.md:func0083

README.md に任意の文字列を追加!

$ echo test >> README.md

$ cat README.md
func0083
test

$ git add .
$ git commit -m "2nd"
[master b6a8ad4] 2nd
 1 file changed, 1 insertion(+)

$ git log --oneline
b6a8ad4 (HEAD -> master) 2nd
0846578 1st

// 今度は、先ほど追加した、test の文字を指定して実行!
$ git log -S test --oneline
b6a8ad4 (HEAD -> master) 2nd

文字の削除も認識してくれるそうです!


// vi エディタで、0083 の文字だけ削除してみました!
$ cat README.md
func
test

$ git add .
$ git commit -m "3rd"
[master 29276e9] 3rd
 1 file changed, 1 insertion(+), 1 deletion(-)
 
$ git log --oneline
29276e9 (HEAD -> master) 3rd
b6a8ad4 2nd
0846578 1st

$ git log -S 0083 --oneline
29276e9 (HEAD -> master) 3rd
0846578 1st
// 0083文字列の追加時の1stと、
// 0083の削除時、3rdコミットがlogで検出されました!

まとめ

みなさんは、次は、どんなことをやってみたいと思いましたか? その発想や想像力って、ほんと、プログラミングには必要な要素なんですよね~ そういったことが、ポンポン出てくるようならば、その人の思考も深いことになりますからね。1つのファイルで、文字列の追加、削除、部分編集などから、次は定番でもある、2つ以上の複数ファイルでの実験へと、まずは基本の型通りの発想ぐらいは、自然と思いつくようになりましょう!

それでは、今回はここまで、お疲れ様でした!

https://zenn.dev/shiozumi/articles/6ca95d00ff18dc
https://twitter.com/esmile2013

Discussion

ログインするとコメントできます