一家に一台、3Dプリンタ

2022/12/08に公開約2,100字

はじめに

こんばんは、shioです。これは、日本陰キャ協会 Advent Calendar 2022の8日目の記事です。
ところで、クリスマスは誰と過ごされますか??
友達ですか?それとも、、、
日本では「恋人」と答える方が多いようですが、キリスト教信者の多い海外では「家族」と過ごすのが普通[1]です。
そして、クリスマスといえばプレゼントですが、何を贈ればいいか分かりませんよね。
そこで私は、3Dプリンタをおすすめします。
これから書かれるお話は、3Dプリンタのある逸般の誤家庭の素敵な物語です...

今回使用したもの

  • 3Dプリンタ (Snapmaker Original)
  • 3D CAD (Fusion 360)
  • 優しい心

物語の始まり

ある日、母からこのような依頼が来ました。
「蛇口が短いから長くしてほしい」
いまいち分からなかったので、蛇口を見ると↓

強引に延長させていました。

使われていたトイレットペーパーの芯。よく思いついたな...

ちなみに、これが本来の姿。


このままでは耐久的にも、衛生的にも問題がありそうです。
私は急いで作業に取り組みました。

作業

まず、ノギスを用いて蛇口の寸法を計測します。
そして、3D CADソフトウェアであるFusion 360で3Dモデルを作ります。

3Dモデルが完成したら、stlファイルにエクスポートします。
エクスポートしたstlファイルをスライスソフトに読み込ませ、gcodeを生成します。
私が持っている3DプリンタはSnapmaker Originalなので、スライスソフトはSnapmaker Lubanです。

生成したgcodeを3Dプリンタに読み込ませれば、印刷開始です。わくわく。

https://twitter.com/shio_sa1t/status/1600701557036548096

待つこと、2時間30分...

ついに、完成しました!やったー!

(もう1つ必要なので、更に2時間30分待ってます)

完成

こだわりポイント

固定用ネジ穴


接着剤でくっつけることも考えましたが、取り外す可能性を考えてネジで固定できるようにしました。

フィラメント


蛇口に合うようにシルバーのフィラメントを買いました。
(これで執筆が遅れました...ごめんなさい。)

課題

少し浮いている

ネジで固定すれば良くなるかもしれない[2]が、もう少しネジ穴を外側(画像で言うと手前)にした方が良さそう。

おわりに

ひとまず完成して見せたら、感謝されました。
何か人の役に立つというのは心地よいです。
真面目な話、3Dプリンタは半年に1回くらい活躍します。
私はかなり使っていますが、家族にはそのくらいの頻度です。
ただ器用でなくても、色々なものが作れるのは便利です。
3Dデータさえ作れれば、大体のものは作れます。
クリスマスプレゼントに3Dプリンタはいかがでしょうか。

脚注
  1. クリスマスはあなたが大切に思う人と過ごす日です。 ↩︎

  2. あまり良い長さのネジがないので出来ていません。 ↩︎

Discussion

ログインするとコメントできます