Open7

Mac【M1】環境構築メモ

システム環境設定

まずは基本設定まわりのセットアップ。この辺りはOSのアップデートなどで変更になる可能性も考慮して自動化しない。

アクセシビリティ

  • ポインタコントロール → トラックパッドオプション → ドラッグを有効にする(3本指のドラッグ)
  • ディスプレイ → カーソル大きくする

トラックパッド

  • 調べる&データ検出OFF
  • クリック弱い
  • 軌道速くする

キーボード

  • キーのリピート: 最速
  • リピート入力認識までの時間: 最速
  • ショートカット → 入力ソース: ^スペースをVSCodeのインテリセンス用にチェック外す

Dockとメニューバー

  • Bluetooth: メニューバーに表示する

共有

  • 「編集」をクリックし、新しいローカルホスト名を入力し「OK」をクリック

Homebrewのインストール

2021/2/5にAppleSilicon(M1)がサポートされたバージョンであるHomebrew3.0.0がリリースされた。
が、フォーミュラによっては未対応なので、Rosseta2とうまく併用する必要あり。

公式からインストール

https://brew.sh

パスを通す

インストールの最後にパスを通すよう言われるので、その通りコマンド実行する。

==> Next steps:
- Add Homebrew to your PATH in /Users/shin/.zprofile:
    echo 'eval "$(/opt/homebrew/bin/brew shellenv)"' >> /Users/shin/.zprofile
    eval "$(/opt/homebrew/bin/brew shellenv)"
- Run `brew help` to get started
~$ echo 'eval "$(/opt/homebrew/bin/brew shellenv)"' >> /Users/shin/.zprofile
~$ eval "$(/opt/homebrew/bin/brew shellenv)"

動作確認

~$ brew -v
Homebrew 3.1.2

アプリケーションのインストール(Brew)

いずれBrewfileにまとめるが、一旦手動で確認していく。
※ 全てarm64ターミナルで実行。(Rosetta2ではない) uname -a コマンドで使用中アーキを確認できる。

Chrome

brew install --cask google-chrome

Notion

brew install --cask notion

VSCode

 brew install --cask visual-studio-code

Git

brew install git

Node

nodeenv を使用する。(あるいは Volta もありかも)

brew install nodenv
touch .zshrc

パスを通す

.zshrc
eval "$(nodenv init -)"

Nodeのインストール。Nodeはv15.3.x 以降M1対応。
ターミナルを Rosetta2 に切り替えてインストール する。 (インストール後はarm64に戻してOK)

nodenv install 15.9.0
# 確認
nodenv versions

使用するNodeバージョンを指定

nodenv local 15.9.0
# 確認
node -v
npm -v

yarnのインストール

npm i -g yarn

Watchman

brew install watchman

JDK

brew install --cask adoptopenjdk/openjdk/adoptopenjdk8

Cocoapods

brew install cocoapods

sudo gen install cocoapodsはインストール自体は可能だが失敗する。homebrewだとうまくいく。

gatsby-cli

npm install -g gatsby-cli

アプリケーションのインストール(App Store)

App Storeで提供があるものは素直にそちらからインストールする。

  • XCode
    • Xcode > Preferences > Locations > Command Line Tools を設定する
  • Slack

VSCodeの設定

codeコマンドの有効化

  • Open the Command Palette (Cmd+Shift+P)
  • Type 'shell command' to find the Shell Command: Install 'code' command in PATH command.

拡張機能

  • ESLint
  • Prettier
  • Live Server
  • Git Graph
  • VSCode Great Icons
  • One Monokai Theme

設定

  • タブをクローズしないよう設定
"workbench.editor.enablePreview": false
  • カーソルのアニメーション
"editor.cursorSmoothCaretAnimation": true
  • リガチャー(合字)ON
"editor.fontLigatures": true
  • 保存時自動フォーマット
"editor.formatOnSave": true

Android Studio

JDK

brew install --cask adoptopenjdk/openjdk/adoptopenjdk8

Android Studio のダウンロード

公式サイトから

インストールウィザード

初回起動時のインストールウィザードでは、「Custom」を選択する。
以下の3つにチェックを入れ >「Next」

  • Android SDK
  • Android SDK Platform
  • Android Virtual Device

SDK Manager

  • Configure > SDK Manager を選択

  • "SDK Platforms" > "Show Package Details"にチェックを入れる

  • 以下にチェックを入れインストールする

    • Android SDK Platform 29
    • Intel x86 Atom_64 System Image
  • "SDK Tools" > "Show Package Details"にチェックを入れる

  • 29.0.2 にチェックを入れインストールする

AVD Manager

arm64対応のエミュレータを設定する

端末

  • Pxcel3 など新しめのものを選択

System Image

  • "Other Image"タブ を選択
  • APIレベル『S』の (Google APIs)を選択しインストールする

iterm2

インストール

brew install --cask iterm2

Powerlevel10k

https://gist.github.com/kevin-smets/8568070

Powerlevel10kを適用する

タブの複製を有効にする

  • go to your iTerm settings ( CMD + , )
  • navigate to Keys.
  • click the + sign (bottom left corner)
  • choose a key binding (I took CMD + SHIFT + t )
  • select the Duplicate Tab action.
  • click OK to add your new binding.
作成者以外のコメントは許可されていません