🐡

PHP デバック機能 php artisan tinker

2022/02/16に公開約600字

はじめに

PHPの案件に携わり、3ヶ月を過ぎたタイミングではじめて知った為、一応議事録的に残します。

tinkerとは

Laravelに標準で含まれているコマンドラインインターフェース。
アプリケーションに入り、直接コマンド操作ができます。
それにより、変数に何が入っているかや、ダミーデータの登録など、コマンドでアプリケーションに働きかけることができます。
Rubyでいうところのrails consoleと同じようなもの。

使い方

php artisan tinker

これでtinkerを立ち上げることができる

データを追加したり

$book = new Book()
$book->title = 'The Little Prince'
$book->save()

データを取り出したり

$book = Book::find(1)

ちょっとしたデータの確認作業などができる。

さいごに

エラー箇所の確認や、変数の値の確認などは、
var_dumpや、Logを使えば良さそうなので、実際の開発で使うことはないかもしれません。
※Ruby on Railsではbinding.pryで動作を止めながらデバッグしていたので、最初はPHPのデバッグ方法になれませんでした。PHPでもbinding.pryのようにできるような記述をよく見るのですが、現状は、今の方法で問題なさそうです。

Discussion

ログインするとコメントできます