❄️

条件分岐だったり

2022/10/22に公開約2,100字

論理型

文字列の確認

プログラムにも審判みたいな機能があって判定をしたりする

例えば containesメソッド これは指定した文字列を引数と渡して値に含まれているか確認する

"text".containes("xt")
//true

"text".containes("sw")
//false

値の確認

結果は boolean 型で返される

44 < 55
//true

33 < 11
//false

== で重ねることによって値が等しいかどうか確認をする

33 == 33
//true

33 == 44
//false

等しくないかどうか確認をする

55 != 22
//true

44 != 44
//false
比較演算子 詳細
A==B AとBは等しい true
A!=B AとBは異なる true
A<B AはBより小さい true
A>B AはBより大きい true
A<=B AはB以下 等しい含む true
A>=B AはB以上 等しい含む true

論理演算子

or  記法

どちらかがtrueであればtrueを返す

true || true
//true

true || false
//true

false || false
//false
/ true false
true
false

and 記法
両方 trueの場合のみ

true && true
//true

true && false
//false

false && false
//false
/ true false
true
false

条件反転

!true
//false

!false
//true

条件演算子

var a =2

a < 5 ? "small" : "big"
//small

a = 100
a < 5 ? "small" : "big"
//big


条件分岐 IF

if文 これはよく使われる

package sample;

public class SampleIf{
	public static void main(String[] args){
	
		var a = 3;
		if (a < 4){
			System.out.println("small");
		}
	}
}


//small

else

条件が成り立たなかったよーって時にこの処理しろよってことができる

else if

条件が成り立たなかったよーって時にこの処理しろよってことができる

switch文

package sample;

public class SampleIf{
	public static void main(String[] args){
	
		var a = 3;
		if (a == 1 || a ==2){
			System.out.println("1 or 2")
		} else if (a == 3){
			System.out.println("3")
		}else if (a == 4) {
			System.out.println("4")
		}	
	}
}

public class SampleSwitch{
	public static void main(String[] args){
	
		var a = 3;
		switch(a){
			case 1, 2 -> System.out.println("1 or 2");
			case 3 -> System.out.println("3");
			case 4 -> System.out.println("4" );
		}
	}
}





//small

Discussion

ログインするとコメントできます