📚

Gitを使ってみる

2022/10/04に公開約1,900字

Gitとは?

gitファイルのバージョンを管理する
gitはデータをスナップショットで保存する

構造(かなり雑

[リモート]

リモートリポジトリ

--以下ローカル環境--

[ローカル]

ローカルリポジトリ

スナップショットで記録する

ステージ

コミットする変更を準備する所

ワークツリー

自分の作業

Gitコマンド関係

% git config --global user.name "github user name"

% git config --global user.email xxxxxxxx@gmail.com

gitのバージョン確認方法

% git -v
v

```sh
#ブランチの切り替えまでは行われない
% git buranch ブランチ名

#ブランチの表示
% git buranch

#全て表示 リモートブランチも表示
% git buranch -a

#ブランチの切り替え
% git checkout 既存のブランチ名

#新規作成+ブランチの切り替え
% git checkout -b ブランチ名

#ブランチを変更削除

#変更
% git branch -m ブランチ名

#削除
% git buranch -d ブランチ名 masterにマージされていない変更は残る

% git buranch -D ブランチ名 強制的に削除

git add

#ワークツリー → ステージ
% git add ファイル名
% git add ディレクトリ名
% git add .

git commit

#ステージ → ローカルリポジトリ
% git commit
% git commit -m "メッセージ" 簡潔に書くこと
% git commit -v コミットの内容変更

リモートリポジトリへ送信

#ローカルリポジトリ → リモートリポジトリへ
% git push リモート名 ブランチ名

#master デフォルトのブランチ名
% git push origin master

#初回 -u を使用すると
#次回 origin master をpush する場合

% git push -u origin master
% it push のみで可能になる

git log

#変更履歴の確認
% git log
% git log --oneline
% git log -n コミット数

git status

#変更状況の確認をする方法
% git status

git mv

#ファイルの移動を記録ファイル名変更
% git mv oldファイル newファイル

gid diff

#変更内容の確認

#ワークツリー → ステージ
% git diff

#ステージ → ローカルリポジトリ
% git diff --staged
% git diff ファイル名

git rm

#ファイルの削除
% git rm

#ローカルリポジトリ ワークツリー 両方から削除される
% git rm --chached

# ローカルリポジトリから削除
% git rm ファイル名
% git rm ディレクトリ名

#例:
% git rm xxxxx.html

% git status
  Changes to be committed:
    deleted:   xxxxx.html
#もし戻す場合
% git reset HEAD xxxxx.html
  reset:    xxxxx.html
% git checkout xxxxx.html

gitにエイリアスを使用する

#エイリアスを使用することで略して書くことが出来る
#gitのコマンド入力を楽にすることが出来る
#--global全体
#--globalをつけない場合現在のリポジトリ内で使用出来る local

% git config --global alias.ci commit
% git config --global alias.st status
% git config --global alias.br branch
% git config --global alias.co checkout

Discussion

ログインするとコメントできます