🌟

AWSで東京リージョンが割高になっているサービスを調べる

2022/12/07に公開約11,500字

この記事は AWS Community Builders Advent Calendar 2022 8 日目の記事です。

AWSコミュニティビルダーについてはこちらをご覧ください

動機

先日、こちらの記事を読みました。

https://dev.classmethod.jp/articles/move-devio-blog-to-oregon/

東京リージョンからオレゴンへの移設により、AWS利用費は月額750ドル、約33%の削減を見込んでいます。

と良い結果が得られているようです。

特に興味深かったのは、

  • 削減コストの大部分はAurora Serverlessに関するもの
  • Aurora Serverlessは料金単価は、「東京リージョン 0.20USD」「オレゴン 0.12USD」で、比率が大きい

という部分です。東京リージョンとの比率って1.25倍くらいでは?と思っていたので、他のサービスも含めて調べてみました。安く使えると嬉しいですよね。

調べ方

  • 手動でAWSのサイトからコピペしました。大変でした
  • 東京リージョンとオレゴンリージョンの料金の比率を出しました
  • 対象は適当に絞りました

結果

先にまとめ

  • 一番比率が大きいのは S3 Glacier Deep Archiveの2.02倍、次がAurora Serverlessの1.67倍
  • インスタンスの種類で差がある。バーストタイプ(Tシリーズ)は比率高め
  • CloudWatchは同一料金もあるが、一部が意外に高め
  • 1.5倍を超えるものを抜き出すとこのようになります
サービス 項目 比率
S3 S3 Glacier Deep Archive 2.02
Aurora Aurora Serverless v2 1.67
Aurora Aurora Serverless v1 1.67
CloudWatch Collect (Data Ingestion) 1.52
CloudWatch Analyze (Logs Insights queries) 1.52
CloudWatch Canaries 1.58

全般

料金の単位(USD)は省略しています。

サービス 項目 比率 東京リージョン オレゴンリージョン 備考
EBS 汎用 SSD (gp3) - ストレージ 1.20 0.096 0.08 GB 月
汎用 SSD (gp3) - IOPS 1.20 0.006 0.005 プロビジョンド IOPS あたり
汎用 SSD (gp3) - スループット 1.20 0.048 0.04 プロビジョンド MB/秒あたり
汎用 SSD (gp2) ボリューム 1.20 0.12 0.1 GB 月
プロビジョンド IOPS SSD (io2) 1.14 0.142 0.125 GB 月
プロビジョンド IOPS SSD (io2) - IOPS 1.14 0.074 0.065 プロビジョンド IOPS あたり
スループット最適化 HDD (st1) 1.20 0.054 0.045
Cold HDD (sc1) ボリューム 1.20 0.018 0.015 GB 月
App Runner Provisioned container instances 1.29 0.009 0.007 GB-hour. Provisioned container instances
S3 S3 Standard 1.09 0.025 0.023 GB 月
S3 Standard - Infrequent Access 1.10 0.0138 0.0125 GB 月
S3 Glacier Instant Retrieval 1.25 0.005 0.004 GB 月
S3 Glacier Flexible Retrieval 1.25 0.0045 0.0036 GB 月
S3 Glacier Deep Archive* 2.02 0.002 0.00099 GB 月
EFS 標準ストレージ 1.20 0.36 0.3 GB 月
FSx for NetApp ONTAP ストレージの圧縮と重複排除を有効にした 1.20 0.0525 0.0438 GB 月
DynamoDB Write 1.14 1.4269 1.25 (WRU) 書き込み要求ユニット 100 万あたり
Read 1.14 0.285 0.25 "(RRU) 読み出し要求ユニット 100 万あたり"
Aurora Aurora Serverless v2 1.67 0.2 0.12 ACU 時間
Aurora Serverless v1 1.67 0.1 0.06 ACU 時間
ストレージ料金 1.20 0.12 0.1 GB 月
I/O 料金 1.20 0.24 0.2 100 万リクエスト
Global Database 1.20 0.24 0.2 I/O 100 万件
バックアップストレージ 1.10 0.023 0.021 GB 月
バックトラック 1.17 0.014 0.012 変更レコード 100 万件
Neptune db.t4g.medium 1.53 0.1424 0.093 h
ストレージ料金 1.20 0.12 0.1 h
I/O 料金 1.20 0.24 0.2 h
Timestream 書き込み 1.25 0.625 0.5 1 KB サイズの 100 万件
スキャン量 1.25 0.0125 0.01 GB
メモリストア 1.25 0.045 0.036 GB-hour.
マグネティックストア 1.25 0.0375 0.03 GB 月
CloudFront インターネットへのリージョン内データ転送アウト 1.34 0.114 0.085 GB
API Gateway REST API 1.21 4.25 3.5 100 万あたり
CodeBuild arm1.small 1.25 0.00425 0.0034 h
arm1.large 1.33 0.02 0.015 h
gpu1.large 1.38 0.9 0.65 h
CloudWatch First 10,000 metrics 1.00 0.3 0.3 -
Standard Resolution Metric Alarm 1.00 0.1 0.1 -
High Resolution Metric Alarm 1.00 0.3 0.3 -
"Composite Alarm " 1.00 0.5 0.5 -
Collect (Data Ingestion) 1.52 0.76 0.5 GB
Store (Archival) 1.10 0.033 0.03 GB
Analyze (Logs Insights queries) 1.52 0.0076 0.005 GB scanned
Detect and Mask (Data Protection) 1.00 0.12 0.12 GB scanned
Custom Events 1.00 1 1 per million events
Cross-account Events 1.00 1 1 per million events
Contributor Insights Rule 1.00 0.5 0.5 per rule per month
Canaries 1.58 0.0019 0.0012 per canary run
SageMaker Notebooks ml.t3.medium 1.30 0.065 0.05 h
RStudio 1.30 0.065 0.05 h
Notebook Instances 1.30 0.065 0.05 h
Data Wrangler 1.29 1.19 0.922 h
Feature Store 1.14 1.427 1.25 per million write request units
Training ml.m5.large 1.30 0.149 0.115 h
Hosting 1.30 0.073 0.056 h
Asynchronous Inference 1.32 0.146 0.111 h
Serverless Inference 1.00 0.00002 0.00002 per second
SageMaker JumpStart 1.30 0.149 0.115 h
Rekognition 画像あたり 1.30 0.0013 0.001 -
Athena data scanned 1.00 5 5 TB of data scanned
Apache Spark code execution 1.43 0.5 0.35 per DPU-hour
Redshift dc2.large 1.26 0.314 0.25 h
dc2.8xlarge 1.27 6.095 4.8 h
ra3.xlplus 1.18 1.278 1.086 h
Redshift Serverless - 1.37 0.494 0.36 1 RPU 時間
マネージドストレージ 1.09 0.0261 0.024 GB 月
EMR (EC2も必要) 1.00 0.039 0.039 h
OpenSearch Service t3.small.search 1.56 0.056 0.036 h
Kinesis ストリームあたり 1.30 0.052 0.04 h
取り込まれたデータ 1.30 0.104 0.08 GB
データ取得 1.30 0.052 0.04 GB
拡張ファンアウトでのデータ取得 1.30 0.065 0.05 GB
保存されたデータ(24 時間を超えて最長で 7 日間) 1.20 0.12 0.1 GB 月
保存されたデータ(7 日間が経過した後) 1.09 0.025 0.023 GB 月
Kinesis Data Firehose 取り込み 1.24 0.036 0.029 GB
形式の変換 1.22 0.022 0.018 GB
Kinesis Data Analytics - 1.29 0.142 0.11 時間あたり
Lake Formation スキャンデータ 1.11 2.5 2.25 1 TB あたり
ストレージ 1.00 1 1 毎月 S3 オブジェクト 100,000 個あたり
Request 1.00 1 1 毎月のリクエスト 100 万件あたり
処理データ 1.11 2.5 2.25 1 TB あたり
GuardDuty CloudTrail Management Event Analysis 1.18 4.72 4 Per one million events / month
S3 Data Event Analysis 1.30 1.04 0.8 per one million events
Inspector EC2 1.21 1.512 1.2528 per instance / month
Lambda 1.20 0.36 0.3 per Lambda function / month
Macie sensitive data discovery 1.25 1.25 1 GB
Detective - 1.35 2.7 2 GB
IoT Core 接続 1.20 0.096 0.08 per million minutes of connection
MQTT and HTTP messaging pricing 1.20 1.2 1 per million messages
Device Shadow and Registry 1.20 1.5 1.25 per million operations
Rules Engine 1.20 0.18 0.15 per million rules triggered / per million actions applied)
Location Solvers 1.00 1 1 per 1k locations
IoT Device Management 一括登録 1.20 0.12 0.1 登録されたモノ 1,000 個
フリートのインデックス作成と検索 1.20 2.7 2.25 100 万回あたりの更新回数
フリートのインデックス作成と検索 1.20 0.06 0.05 クエリ 10,000 回あたり
デバイスジョブ 1.00 0.003 0.003 最初の 250,000 回のリモートアクション/月 (リモートアクションごと)
セキュアトンネリング 1.00 1 1 開いたトンネル 1 つにつき
IoT Device Defender 監査 1.35 0.00149 0.0011 監査対象のデバイス 1 台あたりの月額
ルール検出の料金 1.36 0.034 0.025 メトリックデータポイント 10 万件
ML 検出の料金 1.35 2.7 2 "メトリックデータポイント 30 万件まで "
メッセージ評価 1.10 16.5 15 100 万回のメッセージ評価あたり
フリートのインデックス作成と検索 1.00 0.1 0.1 アラームあたり

EC2インスタンス

  • largeサイズのみ
項目 比率 東京リージョン オレゴンリージョン
a1.large 1.26 0.0642 0.051
t4g.large 1.29 0.0864 0.0672
t3.large 1.31 0.1088 0.0832
t3a.large 1.30 0.0979 0.0752
t2.large 1.31 0.1216 0.0928
m6a.large 0.0864
m6g.large 1.29 0.099 0.077
m6gd.large 1.29 0.117 0.0904
m6i.large 1.29 0.124 0.096
m6id.large 1.29 0.1533 0.11865
m5.large 1.29 0.124 0.096
m5a.large 1.30 0.112 0.086
m5ad.large 1.30 0.134 0.103
m5d.large 1.29 0.146 0.113
m5dn.large 1.29 0.175 0.136
m5n.large 1.29 0.153 0.119
m5zn.large 1.29 0.2134 0.1652
m4.large 1.29 0.129 0.1
c7g.large 0.0725
c6a.large 0.0765
c6g.large 1.26 0.0856 0.068
c6gd.large 1.28 0.098 0.0768
c6gn.large 1.26 0.109 0.0864
c6i.large 1.26 0.107 0.085
c6id.large 1.27 0.1281 0.1008
c6in.large 0.1134
c5.large 1.26 0.107 0.085
c5a.large 1.25 0.096 0.077
c5ad.large 0.00 0.086
c5d.large 1.27 0.122 0.096
c5n.large 1.26 0.136 0.108
c4.large 1.26 0.126 0.1
x2gd.large 0.167
r6a.large 0.1134
r6g.large 1.21 0.1216 0.1008
r6gd.large 1.21 0.139 0.1152
r6i.large 1.21 0.152 0.126
r6id.large 1.21 0.1827 0.1512
r6idn.large 0.19539
r6in.large 0.17433
r5.large 1.21 0.152 0.126
r5a.large 1.21 0.137 0.113
r5ad.large 1.21 0.159 0.131
r5b.large 1.21 0.181 0.149
r5d.large 1.21 0.174 0.144
r5dn.large 1.22 0.203 0.167
r5n.large 1.21 0.181 0.149
r4.large 1.20 0.16 0.133
z1d.large 1.22 0.227 0.186
i4i.large 1.17 0.201 0.172
i3.large 1.17 0.183 0.156
i3en.large 1.18 0.266 0.226
is4gen.large 1.18 0.33915 0.28815
im4gn.large 1.17 0.21338 0.1819
t3.nano 1.31 0.0068 0.0052
t3.micro 1.31 0.0136 0.0104
t3.small 1.31 0.0272 0.0208
t3.medium 1.31 0.0544 0.0416
t3.large 1.31 0.1088 0.0832
t3.xlarge 1.31 0.2176 0.1664
t3.2xlarge 1.31 0.4352 0.3328
m5zn.large 1.29 0.2134 0.1652
m5zn.xlarge 1.29 0.4267 0.3303
m5zn.2xlarge 1.29 0.8534 0.6607
m5zn.3xlarge 1.29 1.2801 0.991
m5zn.6xlarge 1.29 2.5602 1.982
m5zn.12xlarge 1.29 5.1204 3.9641
m5zn.metal 1.29 5.1204 3.9641

RDS MySQL

  • largeサイズのみ
項目 比率 東京リージョン オレゴンリージョン
db.t4g.large 1.57 0.202 0.129
db.t3.large 1.53 0.208 0.136
db.m6g.large 1.38 0.209 0.152
db.m6gd.large 1.40 0.261 0.187
db.m6i.large 1.37 0.235 0.171
db.m5.large 1.37 0.235 0.171
db.m5d.large 1.39 0.291 0.21
db.x2g.large - - 0.326
db.r6g.large 1.19 0.255 0.215
db.r6gd.large 1.20 0.309 0.257
db.r6i.large - - 0.24
db.r5.large 1.19 0.285 0.24
db.r5b.large 1.21 0.357 0.296
db.r5d.large 0.343 0.286

Aurora MySQL

項目 比率 東京リージョン オレゴンリージョン
db.t4g.large 1.54 0.225 0.146
db.t3.large 1.52 0.25 0.164
db.x2g.large - - 0.377
db.r6g.large 1.20 0.313 0.26
db.r6i.large 1.21 0.35 0.29
db.r5.large 1.21 0.35 0.29

リージョンが変わっても料金は同じサービス

  • Amplify
  • CloudTrail
  • Cognito
  • Comprehend
  • Config
  • Connect
  • EventBridge
  • Forecast
  • Fraud Detector
  • Glue
  • Lambda
  • Lex
  • Location Service
  • Location Service
  • Personalize
  • Polly
  • QuickSight
  • Route 53
  • Secrets Manager
  • Security Hub
  • Service Catalog
  • SES
  • Shield
  • SNS
  • SQS
  • Step Functions
  • Systems Manager
  • Transcribe
  • WS WAF
  • X-Ray

まとめ

東京リージョンとオレゴンリージョンのAWSサービスの料金の比率を調べました。

  • 最大はS3 Glacier Deep Archiveの2.0倍
  • 多くは1.2-1.3倍
  • EC2,RDSはインスタンスタイプによって差が違っている
  • Tシリーズ(バーストタイプ)は総じて高め
  • CloudWatchの一部も高め

全部のリージョンを変更するのは難しいかもしれませんが、上手くハマればお安く運用できるかもしれませんね。

Discussion

ログインするとコメントできます