Jamf Nowでデバイス管理するまでの導入手順

2 min read読了の目安(約2600字

Jamf Nowについて

Apple製品のモバイルデバイス管理(MDM)が行えるクラウドアプリケーション。

【特徴】

  • 小規模組織向け(〜50台)
  • サインアップ、即日利用可能
  • トライアル可:1〜3台までは無料
  • 年間 3000円/台
  • 決済:クレジットのみ

通常、デバイスのキッティングは実物を触って行う必要があるが、Jamfを使うことで遠隔によるキッティングや統一された設定・一元管理を行うことができる。オフィスを経由せずともリモートで完結できるゼロタッチデプロイが実現できる。

導入手順

  1. D-U-N-S Numberを取得
  2. Apple Business Managerに登録
  3. Jamf Nowにサインアップ
  4. デバイスの登録
  5. Blueprintで各種設定をセットアップする

1. D-U-N-S Numberを取得

Apple Business Managerに登録するには「D-U-N-S(ダンズ) Number」が必要となる。

以下のページにアクセスし、新規リクエストを行う。

https://fedgov.dnb.com/webform/index.jsp

登録が完了するとメールアドレス宛にD-U-N-S Numberが通知される。

2. Apple Business Managerに登録

Jamfでデバイス管理を行うにはApple Business Managerに登録する必要がある。

以下のページから登録を行う。この際、D-U-N-S Numberの入力が必要となるので、前手順を完了しておくこと。

https://business.apple.com/

なお、登録した電話番号にAppleから確認の電話が架かってくる。その電話で確認が取れれば登録完了となる。電話に出られなかった場合はこちらからサポートに電話をかける必要がある。

ここに記載の電話番号から窓口へと繋げてくれる。

https://support.apple.com/ja-jp/HT201232
日本
国内からかける場合:
0120-27753-5
海外からかける場合:
(81) 3-6365-47051

3. Jamf Nowにサインアップ

Jamf Nowのページから「始める」でサインアップを行う。

https://www.jamf.com/ja/products/jamf-now/

ここまでで下準備は完了。

4. デバイスの登録

① 自動登録

Apple Business Managerへお客様番号を登録

デバイス管理をするためにAppleお客様番号を設定する必要がある。

Apple Business Manager: 「設定」 > 「デバイス管理の設定」

Appleお客様番号について

https://support.apple.com/ja-jp/guide/apple-business-manager/asmef1c47493/web

※ 法人としてDEPデバイスを購入する必要がある
お客様番号を入手するには、DEP(Device Enrollment Program)対象のiOS端末を購入し、法人としての審査を通過する必要があるとのこと。Apple正規販売店で直接「DEPデバイスが欲しい」と申し出ることで、確実に資格が得られるようになるとのこと。

Jamf Nowで自動登録の設定

Jamf Now: 「デバイス」 > 「自動登録」 からデバイスの自動登録を行う

参考)

https://support.jamfnow.com/s/article/204764039-Setting-Up-Automated-MDM-Enrollment-via-the-Device-Enrollment-Program
https://docs.jamf.com/ja/best-practice-workflows/jamf-pro/enrolling-devices-automated-mdm/Apple_Business_Manager_および_Apple_School_Manager_との統合.html

手順

  1. プログラムの選択
  2. ダウンロードキー
  3. トークンのダウンロード
  4. トークンのアップロード
  5. セットアップの手順
1. プログラムの選択

Jamf Now: 「Apple Business Manager」を選択

2. ダウンロードキー

Jamf Now: パブリックキーをダウンロードする。

3. トークンのダウンロード

App Business Manager:
「デバイス管理の設定」 > 「MDMサーバを追加」 で MDMサーバを追加する。
2のパブリックキーをアップロードする。MDMサーバの設定完了後、トークンをダウンロードする。

4. トークンのアップロード

Jamf Now: 3のトークンをアップロードする。

5. セットアップの手順

Jamf Now: 初回起動時のセットアップ手順を設定する。

ここまでで完了。なお、デバイスはJamf側で同期すると自動登録される。

② 手動登録

  • Jamf Nowの 「デバイス」 > 「デバイスを登録」を選択
  • 「名称」「Blueprint」を入力して「iOS構成プロファイルをダウンロード」でプロファイルをダウンロード
  • 「enroll.mobileconfig」ファイルがローカルにダウンロードされるので、ファイルをタップしてプロファイルをインストールする
  • 「システム環境設定」 > 「プロファイル」 > ダウンロードしたファイルを選択 > 「インストール」

これでJamf Nowのデバイスにプロファイルをインストールしたデバイスが表示され管理端末になる。

5. Blueprintで各種設定をセットアップする

デバイスが登録されているBlueprintにAppやセキュリティなどの設定項目がある。Blueprintに登録されているデバイスを一括で設定することができる。