🎁

UnityでOpenUPMを簡単に利用できるようになった

2 min read

はじめに

Unity Package ManagerはデフォルトではUnity公式のリポジトリを利用できますが、Scoped Registryを登録すると外部リポジトリのパッケージも利用できます。
外部リポジトリを利用するとgit url経由と違いPackage Managerから更新できて便利なのですが、たとえばOpenUPMはopenupm-cliのインストールとコマンド実行が必要でした。[1]
現在はGUIが用意されているためそちらから登録する方法を解説します。

対象の環境

最初にUnity2020.1.8f1に実装されてUnity2019.4.12f1にバックポートされたのでそれぞれ以下のバージョンから利用できます。

  • Unity2019.4.12f1以上
  • Unity2020.1.8f1以上

インストールしたいパッケージを探す

OpenUPMからインストールしたいパッケージを探してパッケージ名をコピーしておきます。
たとえばUniTaskの場合はcom.cysharp.unitaskです。

UniTask

Project Settings

メニューのEdit > Project Settingsを開くとその中にPackage Managerがあります。
Project Settings

ここでNameにOpenUPM、URLにhttps://package.openupm.comとScope(s)にコピーしたcom.cysharp.unitaskを入力してSaveボタンを押します。

Package Manager

Package Manager

Package Managerを開き、PackagesをMy Registriesに切り替えるとUniTaskがあるので他のパッケージと同じようにインストールできます。

Package Manager

他のパッケージを追加

たとえばVContainerを追加する場合はScope(s)にjp.hadashikick.vcontainerを追加するとPackage Managerに出てきます。

Package Manager
Package Manager

親パッケージ名が同じものを追加

たとえばMessagePipeを追加する場合はUniTaskと親パッケージ名が共通なのでScope(s)にcom.cysharp.messagepipeを追加するのではなく、com.cysharp.unitaskcom.cyshapに変更するとPackage Managerに出てきます。
Package Manager
Package Manager

ちょっと注意

OpenUPMは誰でも追加できるのでフォークしてupm化されたパッケージもあります。
たとえばDoTween[2]やExtenject[3]がフォークされたものなので最新版ではない可能性があります。

DoTween
Extenject

脚注
  1. https://baba-s.hatenablog.com/entry/2020/09/24/090000 ↩︎

  2. https://openupm.com/packages/com.demigiant.dotween/ ↩︎

  3. https://openupm.com/packages/com.svermeulen.extenject/ ↩︎

Discussion

ログインするとコメントできます