🔥

Linux(WSL)でCarbonを動かしてみた

2022/07/23に公開約2,200字

はじめに

先日、GoogleからCarbon Languageが発表されました。
Windowsではシンボリックリンク作成時の権限とclang検索時の拡張子の問題で失敗するため代わりにWSLで動かしました。

https://github.com/carbon-language/carbon-lang/issues/298
https://github.com/carbon-language/carbon-lang/discussions/1610

環境構築

  • OS: WSLのUbuntu 20.04.4 LTS
  • シェル: bash

Getting startedの手順に加えて必須パッケージをインストールします。

  1. Ubuntuで必須パッケージをインストール

     sudo apt install build-essential zlib1g-dev
    
  2. Homebrewをインストール

     /bin/bash -c "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/HEAD/install.sh)"
     echo 'eval "$(/home/linuxbrew/.linuxbrew/bin/brew shellenv)"' >> ~/.profile
     eval "$(/home/linuxbrew/.linuxbrew/bin/brew shellenv)"
    
  3. Homebrewで必須パッケージをインストール

     brew install bazelisk llvm
     echo 'export PATH="$(brew --prefix llvm)/bin:${PATH}"' >> ~/.profile
     export PATH="$(brew --prefix llvm)/bin:${PATH}"
    

carbon-explorerを実行

git clone https://github.com/carbon-language/carbon-lang
cd carbon-lang
bazel run //explorer -- ./explorer/testdata/print/format_only.carbon

bazel run

carbon-explorerをインストール

Local installerの手順でcarbon-explorerをインストールできます。デフォルトのインストール先は /usr なので代わりに個人向けの $HOME/.local へ向けています。
これでコマンドを使えるものの変更が多いのでまだ使う機会はなさそうです。

bazel run -c opt //installers/local:install --//installers/local:install_path=$HOME/.local
export PATH="${HOME}/.local/bin:${PATH}"

carbon-explorer

Devcontainerで実行する

以下のPull Requestsが取り込まれたらVSCode Remote - Containers拡張と組み合わせて実行できます。

https://github.com/carbon-language/carbon-lang/pull/1608

ブラウザから実行する

以下のサイトからcarbonを実行する事ができます。

https://carbon.compiler-explorer.com/

vim/neovimでハイライト表示

以下のPull Requestsでvimのシンタックスハイライトが追加されました。
vim-plugなら以下を追記すると利用できます。

Plug 'carbon-language/vim-carbon-lang'

https://github.com/carbon-language/vim-carbon-lang

Discussion

ログインするとコメントできます