🐫

AWS Copilot CLIでECSにgRPCサーバーをデプロイできるようになったよ

4 min read

こちらのv1.13.0リリースにてCopilotでECSにgRPCサーバーをデプロイできるようになりました。

自分で出したPRということもあり、せっかくなので試してみたいとおもいます。

せっかちな人へ

GitHubにソースコードあげてます。

セットアップ

  • Copilot CLIインストール

brew install aws/tap/copilot-cli

既にインストール済みの方は

brew upgrade aws/tap/copilot-cli

  • protobufインストール

brew install protobuf

  • go install

go install google.golang.org/protobuf/cmd/protoc-gen-go@v1.26
go install google.golang.org/grpc/cmd/protoc-gen-go-grpc@v1.1

  • grpcurlのインストール

brew install grpcurl

gRPCサーバーの作成

  • mod init

go mod init helloworld

  • go get

go get google.golang.org/grpc google.golang.org/protobuf

  • protobuf
proto/helloworld.proto
syntax = "proto3";
package helloworld;
option go_package = "./;helloworld";

// The greeting service definition.
service Greeter {
  // Sends a greeting
  rpc SayHello (Empty) returns (HelloReply) {}
}

message Empty {}

// The response message containing the greetings
message HelloReply {
  string message = 1;
}
  • generate code
protoc -I proto \
  --go_out proto/gen \
  --go_opt paths=source_relative \
  --go-grpc_out proto/gen \
  --go-grpc_opt paths=source_relative \
  proto/helloworld.proto
  • main code
main.go
package main

import (
 "context"
 "log"
 "net"

 pb "helloworld/proto/gen"

 "google.golang.org/grpc"
)

type server struct {
 pb.UnimplementedGreeterServer
}

func (s *server) SayHello(ctx context.Context, in *pb.Empty) (*pb.HelloReply, error) {
 return &pb.HelloReply{Message: "Hello World"}, nil
}

func main() {
 lis, err := net.Listen("tcp", ":50051")
 if err != nil {
  log.Fatalf("failed to listen: %v", err)
 }
 s := grpc.NewServer()
 pb.RegisterGreeterServer(s, &server{})
 if err := s.Serve(lis); err != nil {
  log.Fatalf("failed to serve: %v", err)
 }
}
  • Dockerfile
Dockerfile
FROM golang:1.17 AS builder
RUN mkdir /app
ADD . /app
WORKDIR /app
RUN CGO_ENABLED=0 GOOS=linux GOARCH=amd64  go build -o grpc ./

FROM alpine:latest
COPY --from=builder /app ./
RUN chmod +x ./grpc
ENTRYPOINT ["./grpc"]
EXPOSE 50051
  • docker build

docker build -t helloworld .

  • docker run

docker run --rm helloworld

  • send request
$ grpcurl \
-plaintext \
-import-path proto \
-proto helloworld.proto \
localhost:50051 helloworld.Greeter/SayHello
{
  "message": "Hello World"
}

デプロイ

こちらの記事にある通り、ターゲットグループのプロトコルバージョンGRPCでは、リスナープロトコルとしてHTTPSが必須になります。

つまりドメインやSSL証明書が必要になります。

ただ、既にRoute53でドメインを登録している場合は、Copilotの設定でACMでの証明書の発行やRoute53でのDNSレコードの登録をイイ感じでやってくれます。

詳細はドキュメント Domainをご覧ください。

  • copilot app init

copilot app init --domain cm-arai.com

app nameはaraiにします。

workload typeはLoad Balanced Web Serviceを選びます。

  • copilot svc init

copilot svc init

service nameはhelloworldにします。

  • copilot env init

copilot env init

env nameはtestにします。

  • copilot deploy

copilot deploy --name helloworld --env test

  • send request

エンドポイントは${SvcName}.${EnvName}.${AppName}.${DomainName}の関係です。

$ grpcurl \
-import-path proto \
-proto helloworld.proto \
helloworld.test.arai.cm-arai.com:443 helloworld.Greeter/SayHello
{
  "message": "Hello World"
}

まとめ

v1.13.0リリースでは、同日に発表されたFargate Graviton2のサポートもされています。

まだまだ使いづらい部分はあるともいますが、リリース頻度も高く更新も活発なため、今後に期待したいと思います。

GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます