Open2

TerraformでAPI Gateway、Lambda、Cognitoリソースを管理してみる

HashiCorp社ブログ。こちらはとりあえずAPI Gateway、Lambaのみ。

Serverless Applications with AWS Lambda and API Gateway

TerraformだとやはりLambdaのソースコードの扱いに悩む。
ブログでは先にS3バケットを作成し、パッケージ(zip)済みのソースコードを配置した後に、aws_lambda_functions3_bucket および s3_key で配置済みパッケージを参照させている。

ソースコードに改修が入らない場合はこれで良いかもしれないが継続的に開発をしていきたい場合はやはりLambdaのソースコードは別リポジトリで管理をしたいとなると思う。

Terraformのリポジトリにパッケージ済みファイルを含めて aws_lambda_functionfilename で参照させ、とりあえずLambdaのリソースを作成する。filenameignore_changes に含めてソースコードの管理をTerraformの責務から外すことであとはいかようにでも出来る。

ログインするとコメントできます