構造解析ソフトFrontISTRをクラウドAWSで動かす~システムの構成編~

2022/02/20に公開約2,000字

シリーズ目次

この企画の説明

FEM 構造解析ソフト FrontISTR は,
linuxで動かすことが基本のソフトなのですが, これをクラウド上で動かせたら楽しいと思い AWS で動かしてみようと思いました。

システム構成

いろいろ試行錯誤した結果下図の構成になりました

Step1.zipファイルを S3バケットにアップロードする

AWS のバケットS3 にFrontISTR の入力データ群を圧縮した zip ファイルをアップロードすることにより一連のプロセスを開始するきっかけ(トリガー)とする

参考資料 Amazon S3 トリガーを使用して Lambda 関数を呼び出す

Step2.lambda関数からECSタスクを呼び出す

S3バケットにアップロードされたらlambda関数を呼び出します。
呼び出されたlambda関数は ECS Task Run を起動します。

参考資料 S3イベントをトリガーにECS on Fargateでタスクを実行する

Step3.ECSタスクはアップロードされたファイルを読み取りFrontISTRを解析しS3バケットにアップロードする

  1. ECS(Docker)は FrontISTRとpythonがインストールされたLinuxイメージを使います。呼び出され起動した Linux は, S3バケットからzip ファイルを入手し, 解凍してFrontISTRの入力データを作業フォルダに用意します.
  2. 入力データが作業フォルダに用意されたところで FrontISTR を実行します。
  3. FrontISTR の解析が終了したら できたファイルを S3バケットにアップロードして終了します。

総括と課題

システムは完成しましたが、解析がすごく遅いです。

AWS の無料枠 CPU256ユニット なので当然です

今後は、クラスターを組んで並列計算ができるようになればいい未来かもしれませんね

次回
S3 バケットからlambda関数編 から実装作業を開始します

Discussion

ログインするとコメントできます