🐵

【情報技術者試験】冗長構成におけるシステムの種類

2021/06/29に公開

冗長構成とは、情報システムなどの構成の一種で、設備や装置を複数用意し、一部が故障しても運用を継続できるようにしたもの。

・並列処理システム
2系統のシステムで並列処理をすることで、処理性能を向上。
言葉のとおりなので覚えやすいですね。

・負荷分散システム
2系統のシステムの負荷が均等になるように、処理を分散するシステム。
これも名前通りです。

・デュアルシステム
1つの処理を2系統のシステムで独立に行い、結果を照合するシステム。
「dual:二重の」という意味で、1つの根本に頭が2つあるイメージなので二重可動、つまり同一処理を二重で実施という意味で理解。

・デュプレックスシステム
現用系と待機系の2系統で構成。現用系の障害発生時に、待機系が処理を受け継ぐシステム。
こちらも「duplex:二重の」という意味があるのでややこしいですが、デュプレックスは大元が同じシステムが一緒にあるイメージなので、一方が可動してもう一方は待機という理解。

Discussion

ログインするとコメントできます