【AWS】EC2へのRubyのインストールがなかなか終わらないヤキモキを解消する

2022/03/15に公開約1,700字

AWS にSSH接続し、EC2 に Ruby をインストールしようとした時のことです。

ターミナル
rbenv install 2.6.8

以上のようなコマンドを実行し、Ruby のインストールを開始したのですが...。

いくら待っても全然終わる気配がない!

私は結局2時間待ちました(他の作業をしながらではありましたが...)。
しかし、それだけ待っても Ruby のインストールが完了せず...。

EC2 への Ruby のインストールコマンド実行中はターミナル上で何の動きも表示もないので、これ本当に進んでるのか?と不安になりますよね。そんなときは一旦インストールを中止し(ショートカットキーのcontrol + C)、次のようなコマンドでインストールをし直してみましょう。

ターミナル
rbenv install 2.6.8 -v

Ruby のバージョン指定の後ろに-vオプションを付けてインストールを実行します。
こうすることで Ruby のインストール状況がターミナルに表示されるようになります。

ちなみにrbenv installのオプションについては以下のコマンドでその詳細を確認することができます。

ターミナル
rbenv install --help

上記コマンドの実行後、以下のような表示が出てきます。

ターミナル
$ rbenv install --help
Usage: rbenv install [-f|-s] [-kpv] <version>
       rbenv install [-f|-s] [-kpv] <definition-file>
       rbenv install -l|--list
       rbenv install --version

  -l/--list          List latest stable versions for each Ruby
  -L/--list-all      List all local versions
  -f/--force         Install even if the version appears to be installed already
  -s/--skip-existing Skip if the version appears to be installed already

  ruby-build options:

  -k/--keep          Keep source tree in $RBENV_BUILD_ROOT after installation
                     (defaults to $RBENV_ROOT/sources)
  -p/--patch         Apply a patch from stdin before building
  -v/--verbose       Verbose mode: print compilation status to stdout
  --version          Show version of ruby-build

For detailed information on installing Ruby versions with
ruby-build, including a list of environment variables for adjusting
compilation, see: https://github.com/rbenv/ruby-build#usage

-v/--verboseのところに「-v」オプションの詳細が書かれていますね。

私のように EC2 への Ruby インストールが全然終わらないという方は、こちらのオプションを付けた上での再インストールをぜひ試してみてください。

Discussion

ログインするとコメントできます