🌏

自宅のIPv6移行とAWS VPCマネージドプレフィックスリスト設定

3 min read

前書き

自宅ネット環境

自宅マンションはVDSL方式の光回線ですが、
コロナで在宅勤務が増えたせいか、ネット速度が著しく遅くなりました。
10Mbps以下に。。
かろうじてzoom会議ができる(音声は問題ないけど、画像が途切れたりする)レベルでした。

PPPoEからIPoE接続への移行を検討

  • PPPoE
    自宅からISPのインターネットへ接続するには
    ネットワーク終端装置を経由しますが、
    終端装置への接続用ID・パスワードが必要です。
    混雑時にはネットワーク終端装置の認証処理がボトルネックとなり
    速度低下するそうです。

  • IPoE
    ネットワーク終端装置を経由せず(接続用ID・パスワードによる認証をせず)、
    自宅 → NTT東日本・西日本のNGN網(次世代ネットワーク) → VNE事業者サービス(IPv4 over IPv6)順で
    インターネットに接続するため、速度改善を見込めるそうです。

IPoEはIPv6ネット環境への接続方式

まだ世の中のインターネット環境はIPv4が主流ですが、
IPoEはIPv6インターネットのための接続方式です。
自宅ネット環境をIPv6への移行検討にあたり
調査した内容まとめてみました。

IPv4, IPv6

IPv4, IPv6 はIP(インターネットプロトコル)のバージョン(v4,v6)を指していて
基本、IPv4のクライアントはIPv4サーバーにしかアクセスできないです。
またIPv6のクライアントはIPv6サーバーにしかアクセスできないです。

が、IPv6へ移行してもIPv4にアクセスできる

IPv6環境にいながら、IPv4サーバーにアクセスできるサービスが
VNE事業者の提供する「IPv4 over IPv6」です。

       自宅
        ↓
NTT東日本・西日本のNGN網(次世代ネットワーク)
        ↓
VNE事業者サービス(IPv4 over IPv6)
    ↙︎       ↘︎
  IPv4サーバー   IPv6サーバー

IPv6(IPoE接続)の申し込み

申し込み

VNE事業者サービスを別途申し込む必要なく、
現在契約中のISPからIPv6(IPoE接続)を申し込むだけで
VNE事業者サービスが使えるようになりました。

VNE事業者選び

現在契約中のISPは下記2つのVNE事業者を提供していますが、
申し込み時に選択するわけではなく
時期によってどちらかになる形式でした。(2021/03申し込みでv6プラスになりました)

  • 日本ネットワークイネイブラー株式会社のv6プラス
  • NTT ComunicationsのOCNバーチャルコネクト

IPv6(IPoE接続)開通後

VNE事業者サービス対応のルーターを購入

自分の場合は
日本ネットワークイネイブラー株式会社のv6プラスIPv4 over IPv6 サービスを使うため「v6プラス」に対応したルーターを購入しました。

グローバルIPアドレス確認

ローカルで確認してみました。
見慣れたIPv4アドレスではなく、IPv6アドレスが取得されます。

$ curl ifconfig.io
0000:00:0000:0000:xxxx:xxxx:xxxx:xxxx

IPv4グローバルIPアドレスの確認

以下のwebサービスで
IPv4のグローバルIPも確認できました。
(固定IPではないですが、グローバルIPの変動はあまりないようです。)

https://ipv6-test.com/

スピード測定

10Mbps以下だったのが、90Mbpsくらい出るようになりました。
VDSL方式の限界が100Mbpsであることを考えると
スピードは予想以上に改善されました。

AWS VPCマネージドプレフィックスリストの設定

IPv6, IPv4 2つのIPアドレスを使い分けている状態ですが、
aws vpcマネージドプレフックスリストに設定するIPアドレスは
どっちを設定すれば???

IPv6アドレスを設定してみたが、アクセスできず

IPv6のvpcマネージドプレフックスリストを作成し、
IPv6グローバルIPアドレスを追加してみましたが
自宅からsshでインスタンスにアクセスできませんでした。。。

インスタンスのパブリックIPがIPv4だった


インスタンスを確認したところ、IPv4アドレスがパブリックIPとして
割り当てられていました。

AWS Elastic IPはIPv6サポートなし

2021/3現在、AWS Elastic IPアドレスは
IPv6をサポートしていませんでした。

IPv4グローバルIPアドレスを設定

IPv4 vpcマネージドプレフックスリストにIPv4グローバルIPアドレスを
設定。sshでアクセス成功しました。

最後に

現在、まだIPv6利用率が低く、
多くのサービスがIPv4環境メインで提供されているため
IPv6環境にいながら、IPv4環境へのアクセスも考慮したハイブリッド型に
なっている感じでした。

IPv6 利用率は伸びているよう

参考資料

https://dream.jp/ftth/tips_f/hikari18.html
https://www.nttpc.co.jp/column/network/pppoe_ipoe.html
https://www.google.com/intl/ja/ipv6/statistics.html

Discussion

ログインするとコメントできます