サクッと使えるメモツールがほしい

公開:2020/12/23
更新:2020/12/23
1 min読了の目安(約1300字IDEAアイデア記事 3

2020/11 から始まった、ものづくりをする高校生のための新しい団体、Palettteが主催する Palettte Advent Calendar 2020 の23日目の記事となります。


物忘れが激しいため、普段から思いついたことを基本的にメモに書いたりして、あとで時間のできたときに整理...。ということをよくしています。
ただ、本来あまりメモを取るのが得意ではないのでいろんなツールをいったり来たりしてもっと簡単に書いていけないかな、というのをいつもやっています。

新しいメモアプリを見つけるたびに試していて結構な数のものを使ったので同じ道をたどる人のためにそれの比較を残しておきます。

名前 評価 備考
esa.io ★★★★★ 本来チーム向けのツールですがとても使いやすいです。
描き途中のメモを先にWIPとして保存しておいて後で書き加えて...というのがとてもしっくりきます。
Notion ★★★★ 重いことを除けば一番のサービスだと思います。
ブロックという文章や画像の塊を用いて書きます。また、それをあとから並び替えるのがとても簡単にできて便利です。
Evernote ★★ 昔は好んで使っていたのですが最近動作が重くなってきて、機能も僕には少し多すぎるかな...という印象。
Bear ★★★ Apple製品で統一している人にはおすすめです。シンプルな見た目で動作も軽く、Mac+iPhoneのときはよく使っていました。Windows/Web版がないためWindowsに乗り換えたタイミングで乗り換えました。
Walling ★★★★ つい最近見つけたアイデアメモツール。付箋をぺたぺた張るような感じでアイデアを整理できます。iOSアプリもあり、Pocketのような使い方をするならとてもよさそう。ただ、まだiOS版は機能が少ないです。
Ulysses iOS/Mac向けメモツールです。こちらはメモツールというより記事とかを書くようなライターさん向けなのかあまり自分にはあいませんでしたがデザインは綺麗です。Markdownが拡張されてしまっていてあんまり...。という感じ。
Typora ★★★ Windows向けMarkdownエディター。見た目はとてもよく使いやすいので、Windowsでしか使わないよという人はいいかも。僕はスマホからも同期してメモを取りたいのであまり使っていません。
GoodNotes 5 ★★★★★ 手書きメモならコレ。機能もすべてよくできていて最高です。スマホアプリとの同期も可能です。

まだまだ使ったものはあるのですが書ききれないので見た目が好きなものを中心に8個だけ。

最近はWallingでリンク等を保存、esa.io / notionでアイデア等をまとめたりします。
とても短い記事になってしまいましたがどなたかの参考になれば幸いです。