😺

Kria KV260 の Ubuntu 20.04 からの firmware アップデート

2022/12/06に公開約1,700字

Ubuntu 20.04 では注意が必要

こちらに情報がありましたが

  • ファームウェアの古い KV260 では Ubuntu 22.04 が起動しない
  • Ubuntu 20.04 では、xmuti が使えずファームウェアアップデートができない

ということがあるようです。なのでxmutil の代わりに xlnx-config を使うとよいようです。

アップデートを試した手順

現在の状態確認

sudo xlnx-config -x bootfw_status

とすれ良いようです。私は下記のようになっていました。

Image A: Bootable
Image B: Bootable
Requested Boot Image: Image A
Last Booted Image: Image A
XilinxSom_QspiImage_v1.1_20210422

現在の状態確認

ファームウェアはこちらからダウンロードできるようです。

下記のようにすると、しばらく時間がかかりますが書き込みができます。

sudo xlnx-config -x bootfw_update -i BOOT_xilinx-k26-starterkit-v2022.1-09152304_update3.BIN

確認すると

sudo xlnx-config -x bootfw_status

下記のようにこの段階ではまだ切り替わっていません。

Image A: Bootable
Image B: Non Bootable
Requested Boot Image: Image B
Last Booted Image: Image A

電源OFFして再起動

ここで一度シャットダウンして電源を切る必要があるようです。reboot ではだめな模様です。

その後、

sudo xlnx-config --xmutil bootfw_update -v

とすると切り替わりが設定され

sudo xlnx-config -x bootfw_status

Image A: Bootable
Image B: Bootable
Requested Boot Image: Image B
Last Booted Image: Image B
XilinxSom_QspiImage_v1.1_20210422

のように変わりました。
最後の行のバージョンはQSPI全体のバージョンのようで、ファームウェア更新では変化しないようです。

ここでさらに電源OFFして再起動しておきました。

参考情報

ikwzm 氏のこちらの記事が詳しいようです。

xlnx-config で利用できる機能はこちらなどに記載があるようです。

GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます