💼

Create React Appで使うパッケージマネージャをnpmに強制する

2021/07/28に公開約2,200字

はじめに

Create React AppではローカルにYarnがインストールされているとデフォルトでパッケージマネージャとしてYarnが使われます。Yarnがローカルにインストールされている状態npx crate-react-app my-appとした場合は以下のように表示されYarnで起動するコマンドが促されます。

# Yarnがローカルに存在
$ which yarn
/opt/homebrew/bin/yarn

# Create React Appでアプリを作成
$ npx create-react-app my-app

...

We suggest that you begin by typing:

  cd my-app2
  yarn start

Happy hacking!

Yarnがローカルにインストールされていない場合はnpmを使用するようになり、プロジェクト生成後にnpm startで開発サーバーを立ち上げることを促されます。

# Yarnがローカルに存在しない
$ which yarn
yarn not found

# Create React Appでアプリを作成
$ npx create-react-app my-app

...

We suggest that you begin by typing:

  cd my-app
  npm start

Happy hacking!

Yarnがインストールされている状態でnpxを使用して作成したReactプロジェクトではYarnの利用を想定してYarn.lockが生成されています。npm startでもアプリを立ち上げることは可能ですが、npmの利用を強制するところまでは至りません。

そこでnpmを使用してのパッケージ管理を強制したい場合にできることを紹介します。

オプションでnpmを強制させる

Create react Appにはパッケージマネージャをnpmに固定するオプションがあります。

$ npx create-react-app my-app --use-npm

上のように--use-npmというオプションを付けることでYarnがインストールされている状態でもnpmをデフォルトで使用するようにできます。

# Yarnがローカルに存在
$ which yarn
/opt/homebrew/bin/yarn

# npmを強制するオプションをつけて作成
$ npx create-react-app my-app --use-npm

...

We suggest that you begin by typing:

  cd my-app
  npm start

Happy hacking!

Yarnがインストールされている環境でもnpmを使用するように設定できました。--use-npmをつけて作成した場合、yarn.lockではなくpackage-lock.jsonがプロジェクト配下に生成されます。

$ cd my-app
# --use-npmをつけて作成した場合の構成
$ ls
node_modules  package-lock.json  package.json  public  README.md  src

おわりに

YarnはReactの開発元であるFacebookが開発していることもあり、Crate React AppがデフォルトでYarnを選択する仕様には納得です。npmを使用したい場合でも公式からオプションが提供されており、npmを使用するケースがあった場合にも柔軟に対応できるのが便利だと感じました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

参考

GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます