検索効率を楽して上げたい...[Google 検索キーボードショートカット]

公開:2020/11/03
更新:2021/02/06
5 min読了の目安(約4800字IDEAアイデア記事 2

はじめに

エンジニアとして働く、開発をする以外にプライベートや趣味の時間など PC で作業をするときにブラウザを使って Google などの検索エンジンを使うことが多くあります。私の場合は、一日の大半は検索して情報収集をすることがほとんどです。、気がつけば、かなりの時間を Google の検索結果画面と向き合うということも多くあります。そのときに、検索する時間を少なく、アウトプットに時間をうまく割けるようブラウザの効率的な操作について考えることがありました。今では拡張機能など、作業を効率化できるツールが好きになり、なるべくキーボード操作だけでブラウジングができるような環境作りをして開発に専念しています。そこで今回は Chrome を使って検索をいかに効率よく行うことができるかに焦点を置き、方法について調べてみました。

検索するときに効率化できれば生産性が上がるのでは?

Google 検索を頻繁に行う場合、テンポよく調べたい情報を手に入れられることが重要だと感じます。ショートカットキーを使って作業を効率化するように、検索する際にもマウスやトラックパッドを使わずに少ない移動だけで検索を行えるのかを追求することは生産性が上げる上で重要だと感じます。Chrome には拡張機能と呼ばれるものが Chrome ウェブストアで有志の手によって公開されています。その中で検索エンジンを使ってより効率的に作業できるものがないか調べたところ以下の拡張機能が良さげだったのでご紹介します。

新規タブページを Google のページで開きたい

Chrome を初期設定で使うと、新規タブを開いたとき以下のようなページが表示されます。
Chromeのデフォルトトップページの画像
Chrome インストール直後の画像です。
このページから Google 検索や独自にショートカットを追加してサイトへアクセスできるのですが、個人的にこのページではなく Google のトップページを使いたいと感じたため、このページを Google トップページに置き換えました。使用した拡張機能は以下になります。

New Tab Redirect

New Tab RedirectのChromeウェブストアページの画像

https://chrome.google.com/webstore/detail/new-tab-redirect/icpgjfneehieebagbmdbhnlpiopdcmna

この拡張機能を使うことで Chrome 上で新規タブが開かれたときに、自動で設定したサイトにリダイレクトをしてくれます。設定画面はこんな感じでかなりシンプルです。
New tab Redirect設定画面の画像
Redirect URL のフォームに新規タブを開いたときに開きたいページを指定することで毎回決まったサイトを開いてくれるようになります。今回は、Google の検索ページを開きたいので Google の URL を指定しました。これで次回から新規タブを開くときに必ず Google の検索ページが開かれることになります。新規タブを変更しましたが、検索は今まで通り行うことができます。デフォルトでは Ctrl + T / ⌘ + T で Google に遷移して検索キーワードを入力することでスムーズに検索でき、使用感は Chrome デフォルトのタブと遜色ありません。便利ですね。

Google 検索結果をキーボードだけで選択したい

ここまで Google の検索結果を表示できました。しかし、現在タブキーで検索結果のページに遷移しようと Tabキーを連打してみても...
デフォルトGoogle検索結果の画像
「メインコンテンツへスキップ」を選択するとリンクへフォーカス
一番上のページへリンクフォーカスする様子
一番上にヒットしたサイトのタイトルへフォーカスが当たった状態
Tabキーで次のリンクを選択できるかと思いきや...
キャッシュボタンにフォーカスが当たる様子
サイトのキャッシュにフォーカスが...

このあと Tabキー連打でサイトにフォーカスが当たるが、すべてのリンクにフォーカスが当たってしまい、下にあるサイトを選択するのに時間がかかってしまいます。普段、 Vimiumというキーバインディングができる拡張機能を使ってサイトを見ることが多いのですが、Google 検索ではフォーカスできるリンクが多く、もっと簡単にフォーカスできないかが悩みでした。少し前までは J & K キーで検索結果をスイスイと上下選択できたみたいですが、現在の Google(2020 年 11 月現在)では Tab キーで地道にひとつひとつたどっていくしかない模様です。そこでこの検索結果でのリンクフォーカスを楽にできる拡張機能を探したところ...。

ありました!

Google 検索キーボードショートカット

Google 検索キーボードショートカットのストア画像

https://chrome.google.com/webstore/detail/google-search-results-sho/dchaandmcifgjemlhiekookpgjmkcelg?hl=ja

操作方法はとても簡単で以下の通り。

キーボード操作 動作
J / K リンクのフォーカス(↓ / ↑)
H / L ページング(前ページへ / 次ページへ)
/ 検索フォームへフォーカスを戻す
G + A 全体を検索(All)
G + I 画像を検索(Images)
G + V 動画を検索(Videos)
G + M 地図を検索(Maps)
G + N ニュースを検索(News)

キー表示が大文字表記ですが、キーボードは半角入力で大丈夫です。

J / K キーでリンクフォーカスの上下ができる他にも、キーの組み合わせで画像や動画などのコンテンツも検索できるみたいです。これはとても便利ですね。
この拡張機能をインストールするとすぐに Google 検索の結果画面で使用可能になります。

Google 検索キーボードショートカット導入後の様子
この拡張機能を導入したことで検索直後からフォーカスが当たり
すぐに K キーを押すと...
2番目のリンクにフォーカスされる様子
しっかりと目的の2番目のリンクにフォーカスされました!

これでマウス・トラックパッドを触らなくてもキーボードだけで簡単に Google 検索ができるようになりました。
以上2つの拡張機能を組み合わせたとき、Google 検索の流れは以下のようになります。

Windows 版 Chrome(デフォルト)

  1. Chrome を起動
  2. Ctrl + T で新規タブを開く
  3. 検索したいキーワードをタイピング
  4. J / K キーでフォーカスを上下に
  5. Enter キーでページを開く

Mac 版 Chrome(デフォルト)

  1. Chrome を起動
  2. ⌘ + T で新規タブを開く
  3. 検索したいキーワードをタイピング
  4. J / K キーでフォーカスを上下に
  5. Enter キーでページを開く

この手順でキーボードだけで新規タブを開いて検索まで行うことができノンマウスでの検索が楽になりました。この拡張機能を使った場合も、Ctrl + Enter⌘ + Enter を使いバックグラウンドでリンクを開くことも引き続きできるため、効率的にウェブブラウジングができるようになります。
サイトにアクセスしたあとは Vimium を使うことで、Chrome でマウスやトラックパッドをほとんど触ることなく、ブラウジングできる環境ができました。

おわりに

今回、紹介した Google 検索ツールが今の自分の悩みにどストライクだったため、驚きました。拡張機能を作ってくださった作者様には感謝しかありません。ありがとうございます。 普段からブラウザで検索することが多いため、その頻繁に行う動作が拡張機能の組み合わせでキーボードだけの操作にできるのはすごいと感じました。キーボードだけで操作しようとすると最初はマウスなどを使ったほうが早いように感じますが、慣れるとキーボードだけで操作できるので爽快な気分になります(笑)。 作業を効率化する上でマウスやトラックパッドを触る時間を少なくするなどで時短できた分を他の作業時間に割り当てるのが理想かなと感じます。

今回紹介した方法以外にも、他にもこんな便利な方法・ツールがあるよなどあれば教えてもらえると幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。