「このアプリM1 Macに最適化されてる?」を一瞬で確認する

3 min read読了の目安(約3500字

はじめに

Apple M1 チップ(Apple Silicon M1)を搭載した Mac シリーズが発売されてしばらく経ちました。Apple Silicon M1 は ARM アーキテクチャ を採用しています。そのため、従来のモデルにて使用されていた IntelCPU 向けのアプリ (x64 アーキテクチャ) との互換性がなくなり、そのまま動かすことができなくなりました。

そこで Apple は Rosetta2 という変換ツールを用意しており、使用することで x64 ベースのアプリを M1 チップ上で変換し動作させることを可能としています。M1 Mac 発売当初は x64 ベースのアプリを変換することで動作させられるアプリがほとんどでしたが、いまは各アプリがこぞって M1 チップ上でネイティブに動作する Apple silicon 対応ビルドユニバーサルビルド をリリースし、今では多くのアプリにて Apple Silicon の恩恵を預かることができるようになりました。

先日、ずっと待望されていた Docker Desktop が v3.3.1 にて正式に Apple Silicon へ対応し、話題になりました。

https://www.docker.com/blog/released-docker-desktop-for-mac-apple-silicon/

まだまだ盛り上がりを見せている M1 Mac ですが、まだ Rosseta2を使用しないと動作させられないアプリも存在します。そこで M1 チップへネイティブ対応しているアプリと、対応していない従来のアプリが混在する状態となっているなか、どのアプリが M1 チップに最適化されているのかを一瞬で確認する方法について紹介します。

インストール済みのアプリから確認する

すでに Mac にインストールしているアプリの中で M1 チップに最適化されているのかはアクティビティモニタからアーキテクチャ表示を見ることで判別できます。調べたいアプリを起動している状態で アクティビティモニタ.app を実行します。
プロセスの中にあるアーキテクチャの項目に Apple と表示されていればそのアプリは M1Mac に最適化されているといえます。また従来のアーキテクチャ(x64)で動作しているアプリは Intel と表示されます。

プロセスを見て調べる様子
プロセスごとにアーキテクチャを確認できる
これで 1 つづつ確認していくこともできるのですが、アプリごとに起動させて調べるのはとても大変です。そこで iMobie M1 App Checker というツールを使用することで、インストール済みアプリから一括で対応状況を確認できます。

https://www.imobie.com/m1-app-checker/

公式サイトから 「Free Download」 をクリックしてインストールできます。パッケージマネージャーとして Homebrew を導入している場合は、以下のコマンドでインストールできます。

Terminal
$ brew install --cask imobie-m1-app-checker

アプリを起動させるとこのような画面が表示されます。

M1-App-Checkerが起動した様子

アプリケーションがインストールされているディレクトリ(デフォルトでは/Applications)を確認して「チェック」をクリックします。するとチェック結果が表示されます。

M1-App-Checkの結果画面
Apple Silicon・Universal が M1 Mac に最適化済み

アプリ名の右側に M1 Mac への対応状況が表示されます。この中で Intel 64 と表示されているものが Rosetta2 を使用して動作しているアプリ、Apple Silicon に未対応のアプリとなります。
このように一瞬で Apple Silicon に対応しているかしていないかをすぐに確認できます。

すべてのアプリから対応状況を調べる

アプリの中にはアップデートで Apple Silicon に対応するものが多くあります。現在使用しているアプリが現行バージョンにて Apple Silicon に対応しているかしていないかを調べるときに活用できるサイトがいくつかあるため紹介します。

上記の M1-App-Checker は公式サイトにて Apple Silicon に対応しているかどうかを調べるための早見表を提供しています。

https://www.imobie.jp/m1-app-checker/?ref=m1

M1-App-Checkerが提供するリスト画像

サイトの中段にリストがあり検索ボックスからアプリの Apple Silicon 対応状況を調べることができます。ただ全体的にアプリの情報が他のサイトに比べて乏しく、検索しても見つからないアプリもあります。そこで以下で紹介するサイトも合わせて参照することをおすすめします。アプリが見つからない場合はリクエストもできるようです。

Does it ARM?

Does it ARM?のページ画像

https://doesitarm.com/

アプリ名から対応状況を検索できるサイトになります。アプリごとに詳細を見ることができ、対応したバージョンやリリースノートへのリンクがまとめられています。また目的のアプリが Apple Silicon にネイティブ対応していない場合、対応したときにメールにて更新情報を受け取る機能もあり、いち早く対応状況を知りたいときに活用できそうです。

Is Apple silicon ready?

Is Apple silicon ready?のページ画像

https://isapplesiliconready.com/jp

こちらも同じくアプリの対応状況をまとめたリストを提供しています。こちらは、デフォルトで日本語表示に対応しております。探しているアプリが見つからない場合や、情報が古い場合は情報の更新を申し立てることができるようです。

おわりに

今回、Apple Silicon への対応状況をアプリごとに調べる方法についてまとめました。Mac 発売当初に比べて数多くのアプリが M1 チップに最適化、環境を問わずに実行できるユニバーサルビルド化されてきており、M1 Mac だからあれができない、難しいといったことはかなり少なくなってきました。アプリがネイティブ対応することでメモリの使用量が大きく減少する、起動が高速化するなど全体的に大きくユーザー体験が向上するため、アプリ側が対応している場合は適切に判断した上で対応ビルドにアップデートをしていきたいものです。M1 Mac 発表直後はやや不安な要素が多くありましたが、今年に入って VSCode がネイティブ対応、Docker Desktop が対応するなど嬉しい話題が続いているため、今後もどんどん Apple Silicon が発展していくことを期待したいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。