😀

CentOSでFuelPHPをnginxで動かしてみたときのメモ

2022/11/28に公開約1,500字

FuelPHPを触ることになったのでnginxで動作させてみた時のメモ

環境

  • centos6.3(ゲストOS)
  • macosx10.8(ホストOS)

事前準備に必要なもの

  • php5.3以上
  • php-fpm

参考にしたサイト

公式サイトからFuelPHPを取得する

公式サイトにいってDownloadボタンをポチッと押して自分のドキュメントルートに持っていく

構成はこんな感じ

unzip fuelphp-1.5.2.zip

oilでインストールする

展開したディレクトリにoilというファイルがあるのでそこで下記のコマンドを実行する。
日本語版公式どおりです

sudo php oil refine install

nginxの設定

/usr/local/nginx/conf/nginx.conf
http {
    .
    .
    .
    server {
        listen       80; #ポート番号
        server_name  lo.fuel.master.org; #バーチャルホスト名
        root   /home/web/lo.fuel.master.org/public; #FuelPHPのデフォルトのpublicディレクトリ
        index  index.php index.html index.htm;
        access_log  /usr/local/nginx/logs/access.log;

        # Rewrite FuelPHP
        location / {
            if (-f $request_filename) {
                expires 30d;
                break;
            }
            if (!-e $request_filename) {
                rewrite ^(.*)$ /index.php?q=$1 last;
            }
        }
     
        location ~ \.php$ {
            fastcgi_pass   127.0.0.1:9000;
            fastcgi_index  index.php;
            fastcgi_param  SCRIPT_FILENAME  $document_root$fastcgi_script_name;
            include        fastcgi_params;
        }
    }
}

nginxの再起動

いつもどおり

/etc/init.d/nginx stop
/etc/init.d/nginx start

ブラウザで確認する

今回ならhttp://lo.fuel.master.orgにアクセスしてFuelのwelcomeページが表示されればOK

Discussion

ログインするとコメントできます