Node.jsにTypeScriptを導入してexpressを使う

1 min read読了の目安(約1400字

Node.jsにTypeScriptを導入してexpressを使う


前提

  • VSCodeを使用している
  • Node.jsでexpressを使用したことがある
  • yarnを使用している


準備


好きなフォルダを作成

mkdir node-typescript


VSCodeで作成したフォルダを開く

code node-typescript


package.jsonを作成

npm init -y


必要なパッケージをインストール

yarn add express 
yarn add -D typescript nodemon ts-node @types/express @types/node  

補足すると、nodemonはリアルタイムでコードの変更を監視してくれる。 @typesから始まるのは型の定義ファイル、 ts-nodeはtsファイルをコンパイルしなくても出力できる。


npm scripts に次のコマンドを追加(バージョンは気にしない)

package.json
{
  "name": "server",
  "version": "1.0.0",
  "description": "",
  "main": "index.js",
  "scripts": {
+   "build":"tsc",
+   "dev": "nodemon  --exec ts-node src/index.ts",
  },


  "author": "",
  "license": "MIT",
  "dependencies": {
    "express": "^4.17.1",
  },
  "devDependencies": {
    "@types/express": "^4.17.11",
    "@types/node": "^14.14.22",
    "ts-node": "^1.1.1",
    "typescript": "^4.1.3"
  }
}


tsconfig.jsonを作成(nodeを選択)

npx tsconfig.json


ルートにsrcファイルを作りindex.tsを作成

import express from 'express';

const app = express();

app.get('/', (_, res) => {
  res.send('Hello world');
});

app.listen(3001, () => console.log('Server is running'));


次のコマンドを実行し、console に "Server is running" と表示されれば成功

yarn run dev 

次のコマンドを実行し dist が作られれば成功

yarn run build 

localhost:3001 を開いて "Hello World" と表示されていれば成功!


コメント

  • これはあくまで一例
  • ts-node-devを使ってもOK