🌊

Rails6 + CapistranoでのPumaのSystemdのデプロイ設定

2021/08/05に公開約2,800字

株式会社TECH LUCKという会社で代表兼エンジニアをしている齊藤です。
PumaをSystemdで起動させる際に、Capistranoでのデプロイでの設定になります。

環境

サーバー : AWS EC2
サーバーOS : Amazon Linux
Ruby : v2.7.3
Ruby on Rails : v6.1.4
Capistrano : v3.16.0

環境ごとにpuma.rbの作成

Railsアプリケーションのconfigpumaディレクトリを作成し、環境名のファイルを作成します。

cd config
mkdir puma
touch production.rb

環境ごとにPumaの設定ファイルを作成することにより、環境ごとにPumaの起動の設定を行うことができます。

詳細は以下の記事に書いてあるのでご参考まで。

https://nishinatoshiharu.com/rails-puma-start-patterns/

Pumaではデフォルトの設定ファイルであるconfig/puma.rbのほか、実行環境に応じた、config/puma/環境名.rbという設定ファイルを用意できます。
rails sの場合はconfig/puma/[環境名].rb → config/puma.rbの優先順位で設定ファイルを読み込みます。

config/puma/production.rbに以下の記述をします。

production.rb
# bind "unix://#{Rails.root.join('tmp/sockets/puma.sock')}"だとpumactlコマンドで読み込まないため絶対パスで指定
root_dir = '/var/www/アプリケーション名/current'

max_threads_count = ENV.fetch('RAILS_MAX_THREADS', 5)
min_threads_count = ENV.fetch('RAILS_MIN_THREADS', max_threads_count)
threads min_threads_count, max_threads_count

worker_timeout 60

bind "unix://#{root_dir}/tmp/sockets/puma.sock"

environment 'production'

pidfile File.expand_path('tmp/pids/server.pid')

stdout_redirect File.expand_path('log/puma_access.log'), File.expand_path('log/puma_error.log'), true

# workerの数は適宜変更する。指定しない場合はsingle modeとなるが、指定した場合はcluster modeとなる。
workers 2

plugin :tmp_restart

systemdの登録

元々Pumaはdaemonizeオプションがあり、そのオプションを使うことでバックグラウンドで起動するようにデーモン化することができました。
しかし、そのdaemonizeオプションで起動がうまくいかなくなるバグがあるため、オプションが削除されたようです。
代わりに、LinuxのSystemdなどでPumaの起動やデーモン化を行うようにするようになったとのことです。

こちらの記事に詳細が記載されていますのでご参考までに。

https://zenn.dev/ymasutani/articles/ce42131f0e7b1a

本番サーバー(Capistranoでアプリがデプロイされるサーバー)にログインし、/etc/systemd/systempuma.serviceというファイル名で以下を記述します。

puma.service
[Unit]
Description=Puma HTTP Server
After=network.target

[Service]
Type=simple
User=ユーザー名
WorkingDirectory=/var/www/アプリケーション名/current
Environment=RAILS_ENV=production
Environment=USING_WEB_SERVER=true
ExecStart=/bin/bash -lc 'bundle exec puma -C config/puma/production.rb'
Restart=always

[Install]
WantedBy=sockets.target

ファイルを作成したら、systemctlに登録するためのコマンドを実行します。

sudo systemctl enable puma.service

Capistranoの設定

Gemの追加とインストール

Gemfileに必要なgemを追加します。

Gemfile
gem 'puma' #元々あると思うが念の為

group :development do
  gem 'capistrano3-puma',    require: false
end
bundle install
bundle exec cap install

Capfileの編集

Capfileに以下の記述を追加します。

Capfile
# 追加する
require 'capistrano/puma'
...
...
...
# 追加する
install_plugin Capistrano::Puma
install_plugin Capistrano::Puma::Systemd

deploy.rbの編集

config/deploy.rb に以下を追記します。
これにより、Capistranoのデプロイの際に、先ほど設定したsystemdでPumaを起動・再起動を行うようになります。

deploy.rb
set :puma_service_unit_name, 'puma.service'

デプロイ

異常でCapistranoでPumaのデプロイを行うことができるようになります。

bundle exec cap production deploy

Discussion

ログインするとコメントできます