🙆

テスト環境でもgunicornの設定はちゃんとしよう、という話

2022/03/24に公開約1,400字

環境

  • WSL2 (結論関係ない)
  • gunicorn
  • docker-compose

現象

このコードの検証時の話。
コンテナ内/外から同時にコンテナ内サーバにアクセスしたとき、どちらかがタイムアウトして Response を取得できない現象が発生。

発生時の構成など

アクセス方法

  • コンテナ外アクセスとして、ブラウザから http://localhost:8080/?wsdl にアクセス
  • コンテナ内アクセスとして、docker-compose execを実行してコンテナ内からクライアントを実行

図解

gunicorn の設定

docker-compos・・.yaml
    # 中略
    ports:
      - 127.0.0.1:8080:8080
    command: >
      gunicorn src.wsgi:app -b 0.0.0.0:8080
      --max-requests 500
      --max-requests-jitter 200

結論

gunicornを並列実行するよう起動する。
上記リポジトリでは以下の様にworkersthreadsを追加した。

docker-compose.yaml
    # 中略
    ports:
      - 127.0.0.1:8080:8080
    command: >
      gunicorn src.wsgi:app -b 0.0.0.0:8080
      --workers 4
      --threads 2
      --max-requests 500
      --max-requests-jitter 200

原因

gunicornは起動時に指定しないと、シングルスレッド、シングルプロセス(workers=1, threads=1)で実行されるため、同時に実行された時はどちらかがタイムアウトする。

デフォルト値はこちら。

学び

意味のある粒度で production と同じ設定を使う様にする事で、無駄な調査をする必要がなくなる。

GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます