📚

GTM+GA4でデータ計測できるようにする②

2023/02/21に公開

ここでは、カスタムディメンションについて解説していきます。

イベントタグの追加

GTMのdataLayerを使うことで、任意のイベント、任意の変数を計測することができます。
ここでは、商品詳細ページにイベント「product_event」からカスタムディメンション「product_id」を計測してみます。

GA4

管理>プロパティ>カスタム定義>カスタムディメンションを作成 から、カスタムディメンションを作成します。
範囲はイベント、イベントパラメータは「product_id」としました。ディメンション名はあとから編集可能なので適当でいいです。
一度追加したカスタムディメンションは削除できません。注意してください。

GTM

GTMでも同様の設定をします。
GTMでは変数を追加します。
変数>ユーザ定義変数>新規>変数の設定>データレイヤーの変数を選択します。

次に、トリガー>トリガーの設定>カスタムイベントを選択します。
イベント名は「product_event」、発生場所は「すべてのカスタムイベント」にします。

今度はイベント用のタグを作成します。
イベント用のタグに先ほど作成した変数、トリガーを紐づけることで、タグを発火させる準備ができます。

タグ>新規>タグの設定から「Googleアナリティクス: GA4イベント」を選択します。
設定タグは「GA4設定」を選択
イベント名は{{Event}}
イベントパラメータにパラメータ名「product_id」、値に「{{product_id}}」を設定します。
トリガーには先ほど作成したカスタムイベント「product_event」を設定します。

※トリガーについて
URLの一致も設定できます。
その場合はイベント名を「gtm.js」ってやったほうがよいかもしれないです。

EC-CUBE

商品詳細ページで発火させるタグなので、default/detail.tplに以下のタグを挿入します。

<script>
    window.dataLayer = window.dataLayer || [];
    dataLayer.push({
        'event': 'product_event',
        'product_id': '<!--{$tpl_product_id}-->',
    });
</script>

プレビュー

GTM

GTMのプレビュー画面を確認すると、商品詳細ページで先ほど設定したGA4イベントのタグが発火しているのが確認できます。

GA4

GA4側も見てみます。
今度はDebugViewで確認してみます。
管理>プロパティ>DebugViewを選択します。
この画面ではデバッグモードのとき、リアルタイムのイベントの挙動を確認することができます。
chromeの拡張機能Google Analytics Debuggeを有効にするか、あるいはGTMのGA4設定タグから、debug_mode trueを設定すると使用できます。

参考
https://support.google.com/analytics/answer/7201382

イベント「product_event」が発火しているのが確認できるのでproduct_eventをクリックして
パラメータからproduct_idを選択します。
product_idの中には2が含まれており、閲覧していたURLは/products/detail.php?product_id=2だったのでカスタムディメンションproduct_idが正常に計測できていることが確認できます。

参考
https://support.google.com/tagmanager/answer/13034206

Discussion

ログインするとコメントできます