dbdiagram.io を使ってコードベースで手軽に ER 図を作成する

2 min read読了の目安(約1900字

最近 ER 図を書く機会があって、その際に使ってみた dbdiagram.io がとても良いツールだったので紹介します。

dbdiagram.ioとは?

dbdiagram.io は、ブラウザ上で手軽にデータベースの ER 図を作れるツールです。
とても直感的で分かりやすい記法で、テーブルの構成やリレーションを定義できます。

作った ER 図は PDF や PNG、MySQL, PostgreSQL など各種形式でエクスポートが可能です。そのほか、MySQL や PostgreSQL、Rails の schema.rb から ER 図を作成する import 機能もあります。

https://dbdiagram.io

価格

通常利用は無料です。有料にすると様々な拡張機能が使えます。
※ この記事は無料版での利用を前提として書いています。

https://dbdiagram.io/pricing

使い方

簡単に使い方を解説します。

テーブルの作成

テーブルはTableオブジェクトを書くことで定義できます。

以下、idを主キーとしname, addressのカラムをもつusersテーブルの例です。

Table users {
  id int [pk]
  name varchar
  address varchar
}

これで以下のようなエンティティが表示されます。

記法はこちらです。

Table テーブル名 {
  カラム名 型 属性(プライマリーキー, リレーション etc)
}

関連の作成

テーブル同士のリレーションは、カラムにref属性を付与することで定義できます。

以下先ほどのusersテーブルと多対一の関連を持つuser_itemsテーブルの例です。

Table user_items {
  id int [pk]
  user_id int [ref: > users.id]
  name varchar
  price int
}

これで以下のようなリレーションが作られます。

記法はこちらです。
関連の種類は 3 種類あります。

  • < 一対多
  • > 多対一
  • - 一対一
Table foo {
  foo_id int [ref: 関連の種類(<, -, >) テーブル名.カラム名]
}

上記の書き方以外にも、以下のようにテーブル定義とは別に書く方法もあります。

ref: user_items.user_id > users.id

どちらもとても直感的ですね。

diagram.io の利点・欠点

最後に簡単に diagram.io の利点と欠点をまとめます。

👍利点

  • 記法が単純明快、直感的で分かりやすい(一番強み)
  • エディタ上で補完が効くので入力しやすい
  • エディタ上のエラーメッセージが分かりやすい
  • テーブルの配置をドラッグ&ドロップで自由に変更できる
  • 様々な形式で import, export 出来る

👎欠点

  • UML 記法と異なり他プラットフォームでサポートされていない記法(GitHub, esa etc)
  • URL でのシェア機能は有料なので、チームでの共有が少し面倒
  • テーブルが多いと auto-arrange だけでは見辛く、配置を手動で調整する必要がある

終わりに

以上簡単ですが、dbdiagram.io の紹介でした。
UML 記法をどうしても覚えられない自分としては、神ツールだと思っています(覚えよう😅)。
今後もちょこちょこ利用していきたいです。

この記事に贈られたバッジ