🏴

NeovimのTerminalモードをちょっと使いやすくする

1 min read

Neovim の Terminal モードをちょと便利にする設定をみつけたのでメモ。

Terminalのインサートモードからの離脱をescキーにマッピング

Terminal のインサートモードを抜けるコマンド(<C-\><C-n>)を毎回忘れるので、いつものescにマッピングする。

.config/nvim/init.vim
:tnoremap <Esc> <C-\><C-n>

TerminalをVSCodeのように現在のウィンドウの下に開く

普通に:termコマンドで Terminal を開くと現在のウィンドウで開かれるが、前の画面に戻る際、 buffer の切り替えが必要なので微妙に不便。
:Tコマンドで Terminal を開くと現在のウィンドウの下部に別ウィンドウで表示されるようにする。

config/nvim/init.vim
command! -nargs=* T split | wincmd j | resize 20 | terminal <args>

常にインサートモードでTerminalを開く

Terminal を開くときは、Terminal を使いたいときなので、いちいちノーマルモードからインサートモードに変更するのが面倒。
Terminal を開くとデフォルトでインサートモードにする。

config/nvim/init.vim
autocmd TermOpen * startinsert

Discussion

ログインするとコメントできます