💳

GitHub Profileにクレジットカード風のLAPRASスコアを掲載するGitHub Actionsを作った

2022/12/22に公開約5,200字

この記事はLAPRAS Advent Calendar 2022 22 日目の記事です。最近作った GitHub Actions について書きます。

https://qiita.com/advent-calendar/2022/lapras

💳 作ったもの

以下のツイートのように LAPRAS スコアを GitHub Profile にカード画像として表示する GitHub Actions を作りました。
最近 Beta 機能としてリリースされた LAPRAS の公開 API を使っています。

https://twitter.com/KawamataRyo/status/1603224059051147264

カードのデザインも自作の Generator で自由に設定可能です。

https://lapras-card-generator.vercel.app/?e=4.22&b=3.3&i=2.28&b1=%23767676&b2=%23e1e1e1&i1=%23888888&i2=%23cccccc&l=ja

設定方法

GitHub Actions の Marketplace で公開しているので、すぐ使えます。

https://github.com/marketplace/actions/lapras-card-readme

GitHub Profile リポジトリ README.md 内のカードを表示したい位置に以下のコメントを追加します。

README.md
<!--START_SECTION:lapras-card-->
<!--END_SECTION:lapras-card-->

そして、.github/workflows/ に、 lapras-card.yml を追加し、GitHub Actions を設定します。
SHARE_IDには、自分の LAPRAS 公開プロフィールの ID を設定します(https://lapras.com/public/<id>)。

.github/workflows/lapras-card.yml
name: LAPRAS Card

on:
  workflow_dispatch:
  schedule:
    - cron: "0 0 * * *"

jobs:
  update-card:
    name: LAPRAS Card
    runs-on: ubuntu-latest
    steps:
      - uses: kawamataryo/lapras-card-readme@main
        with:
          SHARE_ID: "<公開ポートフォリオのID>"
          # 以下オプション
          # https://lapras-card-generator.vercel.app でカスタマイズしたデザインを設定可能
          # ICON_FIRST: "#030E21"
          # ICON_SECOND: "#1688BF"
          # BACKGROUND_FIRST: "#020E27"
          # BACKGROUND_SECOND: "#0E5593"
          # LANG: "ja"
          # CARD_WIDTH: "400"
          # UPDATE_TIME: "true"

初回は GitHub Actions の ⚠ 手動実行 ⚠️ で画像を追加してください。

CleanShot 2022-12-12 at 19 51 47

以降は毎日 12:00(UTC)に最新のスコアで画像が更新されます。

また、カードデザインはさまざまなカスタマイズが可能です。詳細は lapras-card-readmeの README をご覧ください。

🛠️ 実装

実装時の工夫ポイントなどを書きます。

構成

スコアカードは、画像生成の Web アプリ(Card Generator)と GitHub Actions の 2 つで成り立っています。

GitHub Actions のスケジュール実行で 1 日 1 回最新のスコアを LAPRAS 公開 API から取得し、その値をもとに Card Generator への URL を含んだ<img>タグを作り、GitHub Profile のマーカー文字列と書き換えています。

(GitHub Actions が行うマーカー文字列との差し替え例)

README.md
<!--START_SECTION:lapras-card-->
+ <a href="https://lapras.com/public/kawamataryo" target="_blank" rel="noopener noreferrer"><img src="https://lapras-card-generator.vercel.app/api/svg?e=4.26&b=3.48&i=4.05&b1=%23020E27&b2=%230E5593&i1=%23030E21&i2=%231688BF&l=en" width="400" ></a>
+ Last Updated on 12/16/2022, 12:11:42 AM UTC
<!--END_SECTION:lapras-card-->

画像サーバー側で公開 API を叩かないのは、API への負荷軽減と安定した画像配信のためです。

Card Generator

Card Generator は Next.js で作成しました。
カードデザインの編集を行うランディングページと画像配信 API で構成されています。

https://github.com/kawamataryo/lapras-card-generator

ランディングページ

ランディングページは通常のページコンポーネントで作成しています。パラメーターの変化に合わせて、事前に Figma から書き出した SVG 画像の XML を書き換えることで動的な画像の変更を行っています。

ページコンポーネント

https://github.com/kawamataryo/lapras-card-generator/blob/main/pages/index.tsx#L16-L85

SVG 画像の XML 生成関数

https://github.com/kawamataryo/lapras-card-generator/blob/main/lib/generateScoreCardSvg.ts#L1-L85

またカードのパラメーター変更に合わせてクエリパラメーターも書き換えることで、OG Image もデザインと合わせて変更しています。

画像配信 API

SVG 画像の配信は、Next.js の API Route の機能を使っています。

クエリパラメーターをもとに SVG 画像を生成し、その値をContent-Type: image/svg+xmlで配信するだけです。

https://github.com/kawamataryo/lapras-card-generator/blob/main/pages/api/svg.ts#L1-L30

OG Image の生成も基本的に同じ仕組みです。
OG Image は SVG に対応していないので、sharpを使って SVG を PNG に変換して、Content-Type: image/png で配信しています。

https://github.com/kawamataryo/lapras-card-generator/blob/main/pages/api/og.ts

GitHub Actions

GitHub Actions は GitHub 公式で出している以下 template リポジトリを使って開発をスタートしました。

https://github.com/actions/typescript-action

今回はじめての Custom Actions の作成だったのですが template リポジトリを使ったことで、初期設定に迷わず進められたので良かったです。

GitHub Actions 側で行っていることはとても単純です。

  1. LAPRAS の公式 API を叩き現在のスコアを取得
  2. Generator が提供している SVG 画像の URL を使って img タグの文字列を組み立てる
  3. GitHub Profile(README.md)の内容を API で取得
  4. GitHub Profile に記載している指定のマーカー文字列と 2 で組み立てた img タグの文字列を差し替える
  5. GitHub Profile を差し替え結果でコミットする

以下、それらを実施している main.ts のコードです。
GitHub Actions の環境変数から公開プロフィルの ID や、画像のデザイン指定を取得し、1〜5 の処理を行っています。

https://github.com/kawamataryo/lapras-card-readme/blob/main/src/main.ts#L8-L44

マーカー文字列との差し替えという方式は、waka-readme を参考にしました。

GitHub Marketplace への公開もとても簡単でした。
以下公式ドキュメントの通りに、リリースを作成するだけです。

https://docs.github.com/ja/actions/creating-actions/publishing-actions-in-github-marketplace

今は手動でリリースを作成しているので、CI でリリースを回すように修正せねば。。と思っています。

おわりに

LAPRAS 公式 API のお試し & 自作 GitHub Actions の開発の素振りという勢いで作ったのですが、思ったよりも多くの人に使ってもらえて嬉しいです。


GitHub Actions の dependencies を見るとすでに 30 人以上の人が使ってくれた 🙌

この GitHub Actions では LAPRAS スコアの表示だけですが、公開 API では最近のアクティビティ情報も取得できるので、同じような仕組みで最新のアウトプットを GitHub Profile に掲載する拡張機能も作れる気がします。

是非いろいろ試してみてください!

Discussion

ログインするとコメントできます