💭

GitHubへのPUSH

2022/10/08に公開約3,400字

IntelliJ IDEAを使って、Spring BootプロジェクトをGitHubにPush

概要

前回までローカルでSpring Bootアプリケーションを作成して、テストまで実施しました。
次回以降、EC2上にアプリケーションをデプロイしていくので、ここでGitHubにソースをPUSHします。

今回のサマリーは以下です。

  • ローカルでcommit
  • GitHub上でリポジトリを新規作成
  • IntelliJ IDEAにGitHubアカウントを登録
  • IntelliJ IDEAにリモートリポジトリとしてGitHub上で作成したリポジトリを追加
  • リモートリポジトリにGit Push

IntelliJ IDEA上でいきなりGit PushすればOAuthで上記を自動でやってくれますが、何をやっているかブラックボックスなところがあるので、上記の手順で一つずつ進めることをお勧めします。

事前準備(ローカルでcommit)

今まで作成したコードはコミットしてください。

gitでtag付け

ここまでのソースコードをv1.0.0としてtag付けを行います。

プロジェクトルートを右クリックして、Git -> New Tagをクリック。

下記の通り入力してCreate Tagをクリック。

GitHub上でリポジトリの作成

GitHub上にリポジトリを作成していきます。
前提として、GitHubのアカウントを作成して、ログインしていることとします。

画面上部のRepositoriesを選択して、Newボタンをクリックします。

以下の内容で新規作成しました。

IntelliJ IDEAにGitHubアカウントを登録

IntelliJ IDEAでGitHubのアカウントを登録していきます。

IntelliJ IDEAのPreference画面を開いて、gitで検索してGitHubを選択。

Add accountをクリックして、さらにLog In with Tokenをクリック。

自分でGitHubの画面からPersonal Tokenを生成して、ここで入力することもできるが、
必要な権限を自動で選択してくれるためにここはIntelliJ IDEAの機能で生成画面を起動させる。
Generateボタンをクリック。

必要な権限にチェックが入っているので、Generate tokenをクリック。
(推奨はされていないが、tokenの有効期限を無期限に変更している)

Personal access tokenが生成されるので、コピーボタンをクリック。

IntelliJ IDEA側のToken入力ダイアログに戻りTokenに上記でコピーした文字列を貼り付け、Add Accountをクリック。

PreferenceのGitHub画面にアカウントが追加されていることを確認して、OKボタンをクリック。

リモートリポジトリの追加

IntelliJ IDEAにリモートリポジトリとして、GitHub上で作成したリポジトリを追加してきます。

IntelliJ IDEAのプロジェクトルートを右クリックして、Git -> Manage Remotesをクリック。

新規にリモートリポジトリを追加するために+ボタンをクリック。

GitHubのリポジトリ画面を開いてHTTPSをクリックした上で、URLをコピーするボタンをクリック。

リモートリポジトリが追加されていることを確認。

Git Push

いよいよ、GitHub上にローカルのソースコードをPushします。
事前準備が整っているので、ここではメニューからPushを選択するだけです。

IntelliJ IDEAのプロジェクトルートを右クリックして、Git -> Pushをクリック。

確認画面が出るので、Pushボタンをクリック。

GitHub上で該当のリポジトリのCode画面を開いて、反映されていることを確認。
コミットの履歴も確認するため、n commitsをクリック。

ローカル環境でコミットした履歴が参照できることを確認。

tagのGitHubへのPush

上記の方法だとtagがGitHubに反映されていなかったため、以下の通りPushをやり直す。

IntelliJ IDEAのプロジェクトルートを右クリックして、Git -> Pushをクリック。

確認ダイアログで左下のPush tagsにチェックを入れる。
プルダウンはAllのままで問題ない。
Pushボタンをクリック。

上記で、GitHubの画面を確認すると、tagが追加されていることがわかります。

記事一覧

第一回 Spring Bootを使ったWebAPIの作成

第二回 IntelliJ IDEAを使って、Spring BootプロジェクトをGitHubにPush

第三回 Dockerコンテナ上でSpring Bootアプリケーションのビルド

第四回 AWS CodeBuildでSpring Bootアプリケーションをビルド

第五回 AWS CodeDeployでSpring Bootアプリケーションのデプロイ

第六回 CodePipelineでSpring BootアプリをCI/CD

Discussion

ログインするとコメントできます