📑

DRYの原則

1 min read

概要

Don't repeat yourself

直訳:同じコードを重複させるな。

本来の意図:ソフトウェア開発全体において情報を重複させない

DBスキーマ、テスト計画、ビルドシステムや、ドキュメンテーション等、幅広く適用できる。

この原則がうまく適用されたとき、いかなる変更も、関連のない要素の変更にはつながらない。さらに、関連する要素は統一的に変更され、それらの変更は同期が取れたものとなる。

DRY 原則が有用でない場合

  • 冗長化やミラーリング
  • 構成管理
  • 自動生成出力結果:生成コードで重複が排除されていれば良い。結果は重複していても良い。
  • 過度なDRY:一つの関数が引数に応じて振る舞いを変化させる。

出典

[https://qiita.com/yatmsu/items/b4a84c4ae78fd67a364c:embed:cite]

[https://ja.wikipedia.org/wiki/Don't_repeat_yourself:embed:cite]

GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます