🔍

グローバル変数が定義されているかどうかを「短い文字数」で確かめる

2021/07/16に公開

グローバル変数が定義されているかどうかを確かめるコードとして下記が有名です。

// window が定義されているかどうか
'undefined' !== typeof window

これを短く書く方法として下記があります。

// window が定義されているかどうか
'u' > typeof window

ブラウザ上では self.window の方が短いですが
上記はブラウザ上かどうかを判断する場合などで使えます。

説明

typeof で得られる文字列のうち辞書順で最も後ろにくるのが undefined であることを利用しています。
なので 't' > typeof window でも同じ結果が得られます。

;[
  'undefined',
  'object',
  'boolean',
  'number',
  'bigint',
  'string',
  'symbol',
  'function',
]
  .sort()
  .map(s => ['u' > s, 'u' < s, s])
'u' > s 'u' < s s
true false "bigint"
true false "boolean"
true false "function"
true false "number"
true false "object"
true false "string"
true false "symbol"
false true "undefined"

正直読みやすいとは言い難いのですが
どうしても他にファイルサイズを削れる場所がない場合に使えるかもしれません…

追記 Tuple と Record について

現在 (2024/01/06) Records & Tuples Proposal が Stage 2 になっています。
追加されるとtypeof'record''tuple' を返す場合が増えます
その場合は上記の 't' > typeof window が使えなくなるので注意が必要です。

GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます