Google Play Store向けサービスアカウントの作り方

3 min read読了の目安(約3000字

今回、「RevenueCat」というアプリ内課金サービスで使用するために Google Cloud のサービスアカウントが必要だったのですが、いつも忘れてしまったり、合っているか不安になってしまうので作り方、権限の与え方を書き残します✍️

以下、2020年11月4日最新の情報で作成しましたが、今後Googleによるアップデートで画面構成が変更される可能性があります。
その際はコメント等でお教えいただければ大変嬉しいです。

Google Play Console

Google Play Console にログインし、
すべてのアプリ → 設定 → デベロッパーアカウント → API アクセス を開きます。

Google Play アカウントと Google Developer Project をまだ接続していない場合は、画面上のボタンを押して「接続」します。

サービスアカウントの作成

「新しいサービスアカウントを作成」ボタンを押して、

表示されるポップアップの「Google Cloud Platform」リンクを選択します。

Google Cloud Platform に移動したら、「+サービスアカウントを作成」を選択します。

サービスアカウント名・サービス アカウント ID・サービス アカウント ID を入力します。

サービスアカウントIDは、サービスアカウント名を入力すると自動入力されますが、任意の文字列へ変更可能です。

「作成」で権限設定へ移ります。

適したロールを選択しましょう。
RevenueCatの場合はOwner(オーナー)が必要です。

RevenueCatの場合は、こちらは入力不要です。「完了」しましょう。

秘密鍵の作成とJSONダウンロード

作成したキーのメニューボタンを押し、

JSONを選択して作成します。

作成するとダウンロードされてPCに保存されます。
紛失しないように適宜、移動しておきましょう。

RevenueCatへの財務アクセスを許可する

Google Playコンソールにて、作成したサービスアカウントの「アクセスを許可」を押します。

「ユーザーと権限/ユーザーを招待」画面へ移動しました。

「アカウントの権限」設定をしていきます。

一例として、RevenueCatの場合は、

- アプリ情報の閲覧、一括レポートのダウンロード(読み取り専用)
- 売上データ、注文、解約アンケートの回答の閲覧
- 注文と定期購入の管理

の3つが必要な権限なので、上記3つにチェックを入れます。

チェックを入れたら、「ユーザーを招待」ボタンを押し、
「招待状を送信」しましょう。

最後に「変更を保存」するのを忘れないようにして、ユーザーの権限を更新しましょう。

アプリに権限を適用する

「ユーザーと権限」画面で、作成したユーザーを選択します。

「ユーザーの詳細」画面に移動したら、「アプリの追加」をタップ。
使用したいアプリにチェックします。

権限の確認画面が表示され、先ほど選択した権限にチェックが入っていることを確認します。

これにて Google Play Console 側での準備は完了です!

使いたいサービスでサービスアカウントの情報を入力する

例として、RevenueCatでは、Android設定として、アカウント作成時に↑のように「Service Account credentials JSON」に、JSONファイルの内容(文字列)を入力します。

以上です。

参考リンク

https://docs.revenuecat.com/docs/creating-play-service-credentials#2-create-service-account