🦄

BuildspaceのDapps作成チュートリアルのウォークスルー(途中まで)

2022/12/24に公開約5,200字

これはWeb3 Devのカレンダー | Advent Calendar 2022 - Qiita11日目の記事です。今日が何日かって?24日です。Better than never!

私はWeb3開発の経験がないので、チュートリアルでとにかく何かを作ってみることにしました。buildspaceはブロックチェーンを使ったさまざまなチュートリアルを無料で提供しています。ありがたい。今日は Intro to Solidity: Ship an Ethereum dApp というチュートリアルをやってみる。ちなみに2週間かかると書いてある。今から(16:55)どこまでできるか見ものです。

チュートリアルの詳しい内容についてはふれませんので、直接buildspaceを確認ください。

hardhatをインストールする

hardhatはイーサリアムのアプリをつくるなら絶対に使うであろう、コンパイル、デプロイ、テストなど何でもできる開発に欠かせないライブラリです。これをインストールします。

npm install hardhat

プロジェクトを作成する

npx hardhat すると以下のように丁寧に作りたいプロジェクトを聞いてくれます。

➜  my-wave-portal npx hardhat
888    888                      888 888               888
888    888                      888 888               888
888    888                      888 888               888
8888888888  8888b.  888d888 .d88888 88888b.   8888b.  888888
888    888     "88b 888P"  d88" 888 888 "88b     "88b 888
888    888 .d888888 888    888  888 888  888 .d888888 888
888    888 888  888 888    Y88b 888 888  888 888  888 Y88b.
888    888 "Y888888 888     "Y88888 888  888 "Y888888  "Y888

👷 Welcome to Hardhat v2.12.4 👷‍

? What do you want to do? …
❯ Create a JavaScript project
  Create a TypeScript project
  Create an empty hardhat.config.js
  Quit

今回はJavaScript Projectを選びます。

チュートリアルにサンプルのHardhat taskが記述してあるので、それをコピペします。サンプルのアカウントを作成・表示するものでした。npx hardhat <サンプルタスク名> を実行すると、サンプルのアカウントを表示してくれます。

コンパイルして、テストしてみる

npx hardhat compile すると以下の文言が表示されて無事にcompileできました。

➜  my-wave-portal  npx hardhat compile
Downloading compiler 0.8.17
Compiled 1 Solidity file successfully

npx hardhat test でテストを流してみます。すべて通りました。これはプロジェクト作成時に自動で追加されたテストなので消しておきます。

ちなみに自動で作成されたディレクトリはこんなかんじ。

➜  my-wave-portal git:(main) ✗ tree  -I "node_modules"
.
├── README.md
├── artifacts
│   ├── build-info
│   │   └── 14f7eb130f02e4d9abcd68528a373e96.json
│   └── contracts
│       └── Lock.sol # <= Solidityファイル
│           ├── Lock.dbg.json
│           └── Lock.json
├── cache
│   └── solidity-files-cache.json
├── contracts
│   └── Lock.sol
├── hardhat.config.js
├── package-lock.json
├── package.json
├── scripts
│   └── deploy.js
├── test
│   └── Lock.js # <= テストコード

Solidityを書いていく

チュートリアルに沿ってSolidityを書いていきます。
今回は、「ウォレットを接続して、Wave(手をふる)を送る」だけ、というシンプルなDappを作成します。

まずは、console.log で文字列が出るように確認します。

contract HelloWorld {
    constructor() {
        console.log("Hello, web3");
    }
}

これをコンパイルして、ローカルのブロックチェーンにデプロイしていきます。

Solidityはブロックチェーンにデプロイしないといけないので、まずはその環境をローカルに作ります。というか、hardhatがいい感じに作ってくれます。

一つのjsファイルに、ローカル環境の構築、コンパイル、デプロイをするコードを書いていきます。

hreHardhat Runtime Environmentの略で
、さまざまなテスト用環境を提供してくれます。

このファイルは scripts ディレクトリ配下に配置します。

コードを書いたら、npx コマンドでコンパイル、デプロイをします。

npx hardhat run scripts/run.js

実行してみると、console.log に書いたコードが出力されます。

➜  $ npx hardhat run scripts/run.js
Compiled 2 Solidity files successfully
Hello, web3
Contract deployed to: 0x5FbDB2315678afecb367f032d93F642f64180aa3

基本のコードを書いてみる

送られたWaveを保存(store)しておくコードと、Waveの数を取得するためのfunctionを記述します。

コードの詳細はbuildspaceを確認してください。

msg.sender というコードがでてきます。ここには、functionを呼んだ人のウォレットアドレスが入ります。

また、function wave() public ~ というように public というワードが出てきます。これは、ブロックチェーン上で使えるようになる公開APIエンドポイントというふうに表現されていました。なるほど!

作成したエンドポイントを利用し、deploy先、deployもと、最初のWave数、Waveする関数の実行、実行後のWave数を出力するよう、 run.js スクリプトを書きかえて実行します。

$ npx hardhat run scripts/run.js
Compiled 1 Solidity file successfully
Hello, web3
Contract deployed to: 0x5FbDB2315678afecb367f032d93F642f64180aa3
Contract deployed by: 0xf39Fd6e51aad88F6F4ce6aB8827279cffFb92266
We have 0 total waves!
0xf39fd6e51aad88f6f4ce6ab8827279cfffb92266 has waved!
We have 1 total waves!

動いている!イエーイ!

ローカルのネットワークを作成する

なんとここまでのコードはただSolidityをスクリプトでながしていただけで、実際のネットワーク上にデプロイしたものではありませんでした。なのでここからはローカルにイーサリアムのネットワークを作成して、そこにコードをデプロイします!

npx hardhat node

というコマンドを別ウィンドウで実行します。
nodeNode.js のことではないので注意です。

すると、ローカルのサーバーURLと20個のアドレスが生成されます。

このネットワークに新しくブロックを作成して、コードをデプロイします。わーい!

deploy.js ファイルを新規作成します。
コードの詳細はbuildspaceを確認してください。

deploy.js スクリプトを使って、ローカルのネットワークにデプロイします!

npx hardhat run scripts/deploy.js --network localhost

ドン!

$ npx hardhat run scripts/deploy.js --network localhost
Deploying contracts with account:  0xf39Fd6e51aad88F6F4ce6aB8827279cffFb92266
Account balance:  10000000000000000000000
WavePortal address:  0x5FbDB2315678afecb367f032d93F642f64180aa3

npx hardhat node を実行したほうのターミナルには以下が出力されます。

  Contract deployment: WavePortal
  Contract address:    0x5fbdb2315678afecb367f032d93f642f64180aa3
  Transaction:         0xea5eff3e0a84f53408241b46486f0a9edbea6d84c18fc9cc5cf43918290e01d4
  From:                0xf39fd6e51aad88f6f4ce6ab8827279cfffb92266
  Value:               0 ETH
  Gas used:            345274 of 345274
  Block #1:            0x0e5cd5a982cf969e34b3e3b45e3a534f2bc9a59f6de5eec463ab59dc03c44da4

  console.log:
    Hello, web3

やった!!!!

console.logは別に出るんですね。

おわりに

チュートリアルは、ここからReactアプリの制作と、MetaMaskのセットアップを行います。
私は最近小さく試したいアプリはGlitch: The friendly community where everyone builds the webを使っているので、こちらにデプロイできるかどうか調べてみようと思っています。

Happy Christmas! 🎄 (23:01)

Discussion

ログインするとコメントできます