保守性の高いソフトウェア開発のTips集

保守性の高いソフトウェア開発のTips集

Likes311無料¥0
Chapters
Chapter 01

純粋関数の割合を最大化しよう

Chapter 02

早期ReturnでIF文の組み合わせを見やすくしよう

Chapter 03

ifの判定式に名前をつけよう

Chapter 04

For文を縦に分割する

Chapter 05

連想配列をclassでくるもう

Chapter 06

再代入は初期化の直後に限ろう

Chapter 07

処理の流れを型で表現しよう

Chapter 08

コマンド化して副作用を追い出そう

Chapter 09

switch case文の後に処理を続けないで

Chapter 10

現在時刻を外から入れよう

Chapter 11

複数の言語で開発する時は定数を一元管理できるようにしよう

Chapter 12

RESTful APIのエンドポイントを綺麗に設計しよう

Chapter 13

書き込み系のREST APIは、URLとBodyに無いデータを書き込まないようにしよう

Chapter 14

マイページ画面のURLにはユーザーIDを入れよう

Chapter 15

バッチ処理には必ずドライラン機能をつけよう

Chapter 16

キャッシュを設計する時に考えること

Chapter 17

元データとキャッシュデータが1:1で対応する時のコツ

Chapter 18

全体を集計した結果のキャッシュ

Chapter 19

インフラの設定を自動化しよう

Chapter 20

デプロイを自動化しよう

Chapter 21

常に最新のcreate table文を用意しておこう

Chapter 22

URLを文字列で組み立てない

Chapter 23

極力ログイン機能は自分で作らない

Chapter 24

ユーザーのHTTPリクエストが直接当たるHTTPサーバーはクラウド業者を使う

Chapter 25

ログについて

Chapter 26

ログに出すべきこと

Chapter 27

ログにユーザーの機密情報が流れないように(まだ書いてない

Author

この本に贈られたバッジ

¥0今すぐ読む
公開
本文更新
文章量
36537
価格
0