📝

二進数が読めるようになるfitbitのウォッチフェイス

2021/08/30に公開約600字

時刻を読むのに時間をかける

大体の人が、『時計は素早く時間を把握できるべき』と思っていると思います。(僕もそうです。)

ですが、世の中にはバイナリウォッチという時刻を読むのにちょっと考えないといけない時計があることを知りました。

今回は現代的なスマートウォッチ(fitbit)で原始的な二進数を使ってウォッチフェイスを作ってみました。

出来上がったもの

今回は画像検索で出てきた適当なビルアイコンを参考に、窓で二進数を表現することにしました。

バイナリウォッチ

読み方は下の画像のような感じです。
左から、時刻の10の位、時刻の1の位、分の10の位、分の1の位です。
窓の一番下が二進数の最下位ビット、一番上が二進数の最上位ビットです。
光っている窓が1を表しているので10進数に変換して列ごとに足し合わせればその位の数が把握できます。

読み方解説

追加したい機能

摩天楼みたいな感じにビルを乱立させて年月日や曜日を表現したいです。

GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます