🐲

npmのプロフィール画像を変更したお話

2024/06/11に公開

つい先日、自分がよく使うnpmライブラリをまとめてnpmにアップロードしてインストールできるようにしました。
んで、npmに自分のアカウントを登録したんですけど、デフォルトの画像が幾何学模様になっています。

変え方は簡単なのだけれど、反映時間の都合無駄な時間を過ごしてしまったので情報として書いてみる。そんな記事。

npmのプロフィール画像

npmに新規登録したときは幾何学模様(?)がプロフィール画像として適用されています。
こんな感じ。

かわいくない!!なんか変顔みたい!!額に墓標飼ってる!!
というわけで、変えようと思います。おあつらえ向きにEdit Profileなんてボタンもあるので、中身を見ていこう。

Edit Profileの画面に行くと、早速画像を変えられそうな予感。

みるからに画像を変えるボタンとして、"Change your Gravater"がある。Gravater?

Gravaterってなんだ

npmのプロフィール画像を変えるとき、Gravaterという別サービスを使うようです。
Gravate公式ヘルプページをざっくり翻訳すると、

グラヴァター(Gravater)とは?

プロフィール画像はWebサイト上で名前の横に出てきます。
グラヴァターはグローバルに承認されたアバターです。
あなたがプロフィール画像を1度だけ設定すると、グラヴァターに対応しているWebサイト全てのプロフィール画像に自動で適用されます。(OpenAI, Slack, WordPress その他...)

グラヴァターはサイト管理者、開発者、そしてユーザーにとって無料で、自動で動いてくれるサービスです。
あなたのグラヴァターのURLは各WordPress.comアカウントに含まれて自動生成されます。

なるほど?要するに対応している全部のWebサービスで同じURLを発行できるので一括で画像変更することができると。
npmはこの画像一括設定サービスでのみプロフィール画像を設定できるらしい。

実際に設定してみる

Gravaterについてはわかったので、実際に"Change your Gravater"で変えてみよう。
とはいえ、Gravaterのアカウントなんて持っていないのでそこからはじまる。
メールアドレスを打って、登録確認用Email内のリンクからGravaterにアクセス。
左ペインのAvatersから、Change Avaterに進んだページから、Upload Imageする。

かんたんなので特に書くことがない。と思ったのだけど、npmの画面にもどってワクワクしながらプロフィールを開くと、反映されてない。なんで?

原因を探る

プロフィール画像の公開に関する設定があるので、確認してみよう。

画像にはレーティングがあり、初期値は一般から閲覧ができるGeneral。特に制限とかはされていない。

自分のプロフィール全体としての設定で、公開アバターにするかどうかの設定があるものの、こちらも初期値は公開。

プロフィールを作るサービスなのだから、初期値が公開になっているのは至極自然な流れで、設定項目いじらないで使えても良さそうなものだけどなと、いろいろ可能性やらを考えてたら反映されていました。

どうやら反映までのタイムラグがあるようです。
npmのプロフィール画像を変えるときは、"変更後に反映されるまでのタイムラグが存在する"ので、反映されないと言って深く考えすぎて時間を無駄にしてはいけない。そんなことを知ったところで、この記事はこれでおしまい。

Discussion