【Kintoneプラグイン】一覧のサブテーブルの幅を調整できるようにしました

1 min read

今回は株式会社サイボウズが提供しているクラウドサービス「kintone」で使用できるプラグインを開発したので、ご紹介いたします。ダウンロードは以下のリンクから可能です。

https://github.com/Local-Bias/kintone-plugin-subtable-width/releases

機能

通常、一覧の文字列フィールド等は幅を変更し保存しておけますが、サブテーブル内の項目の幅は、ラベルや内容に応じて自動的に幅が決定されます。

設定前

以下のサンプルアプリでは、サブテーブルの全フィールドが同じ幅で表示されています。

プラグイン設定画面

プラグインを設定することで、サブテーブルの各項目の幅や表示・非表示の設定が可能になります。

設定後

設定後の一覧です。項目 1,2,3 がそれぞれ 1:2:3 の幅で表示され、項目 4 が非表示となっています。

よろしければご活用ください🍀

https://github.com/Local-Bias/kintone-plugin-subtable-width/releases

Discussion

ログインするとコメントできます