🎚️

PythonでHTMLのプルダウン表示を作る

2022/05/20に公開約800字

プルダウンとは

以下の画像のようなものです。
よく会員登録などの入力フォームで見ますね。

プルダウン表示の基本形

selectタグとoptionタグを使います。

実際に書くと以下の通りです。

print("<select name='age'>")
  print("<option>1歳</option>")
  print("<option>2歳</option>")
print("</select>")

しかし、100歳まで表示するとなると大変です。

そこで、forを使って繰り返し処理をします。
実際に書くと以下の通りです。

print("<select name='age'>")
for age in range(100):
  print("<option>"+str(age + 1)+"歳</option>")
print("</select>")

range(100) のままだと、範囲が0歳から99歳となってしまいます。
ですので、str(age + 1) とすることで、1歳から100歳となります。

rangeの後のコロンを忘れないように注意です。

おまけ

pythonで箇条書きをHTML表示します。
この場合はHTMLと同様、ulタグとliタグを使います。

ここでは、1~10の箇条書きをHTML表示してみます。
実際に書くと以下の通りです。

print("<ul>")
for i in range(10):
  print("<li>"+str(i + 1)+"</ul>")
print("</ul>")

Discussion

ログインするとコメントできます