🤏

OpenSiv3D | Windows 版 SDK の手動インストール

1 min read

Windows 版 SDK の手動インストール

OpenSiv3D インストーラが正常に実行されない場合、手作業で OpenSiv3D をインストールすることができます。この記事ではその手順と必要なファイルを公開しています。

1. 事前準備

Visual Studio 2019 と、Visual Studio 2019 の「C++ によるデスクトップ開発」のインストールを事前に完了してください。また、起動中の Visual Studio をすべて終了してください。

2. OpenSiv3D ヘッダ・ライブラリのダウンロードと配置

OpenSiv3D SDK 単体版

をダウンロードし、適当な場所で展開します。

3. ヘッダ・ライブラリを入れたフォルダのパスを環境変数に設定

ユーザー環境変数

  • v0.6.3 の場合: SIV3D_0_6_3
  • v0.4.3 の場合: SIV3D_0_4_3

を新規作成し、展開した OpenSiv3D SDK のフォルダ (include/, lib/ の親フォルダ) のパスを設定します。

例: C:/Users/Siv3D/Documents/OpenSiv3D_SDK_0.6.3/include のように配置した場合、C:/Users/Siv3D/Documents/OpenSiv3D_SDK_0.6.3 を環境変数 SIV3D_0_6_3 に設定します。

4. OpenSiv3D プロジェクトテンプレートの配置

(※展開しません)Visual Studio 用プロジェクトテンプレート単体版

をダウンロードし、展開せず ZIP ファイルのまま、Visual Studio 2019 インストール時に作成される ドキュメント/Visual Studio 2019/Templates/ProjectTemplates/ フォルダの中に入れます。

以上で手順は完了です。PC を再起動してください。

アンインストールする時には、配置したファイルと環境変数を手動で削除します。

Discussion

ログインするとコメントできます